1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on July 2017
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
69鞍・ダイヤモンドダスト(初フリー)
伊丹先生が埼玉に出張でお留守ということで初のフリー騎乗に(汗)。
いえ・・・
実際はお昼頃お帰りになられていたのですが
馬場の外の憩いの場にて見守ってくださっていました(笑)。

で、初まるまるフリー、自分のだめだめさを痛感した騎乗--;。

いつものように蹄跡上をのんびり常歩。
常歩のまま途中左手前変換をしてみるも

あれれ、常歩なのにムリ(涙)。
マケナイ、マケナイ、でも負けちゃう--;。

とっても歪なライン上をどうにか変換してから
常歩のまま右手前変換を試してみるも
うんうん、すんなり変換してくれる(嬉)。

むむむ、だいじょうぶかなぁ・・・

と一抹の不安を感じながら蹄跡上を軽速歩へ。

で・・・左手前変換、全然、ダメダメ(号泣)。

逃げてはいけない、目をつむってはいけないことは
重々分かっているのだけれど
とにかくダメダメ、もう、悲しくなるくらいダメダメ。

今まで先生方から指導してもらってきた内容の
あれもやってみよう、これもやってみたい
そんなふうに思っていた初フリーだったのだけれど
結局、終始左手前変換との闘いのみで終了(涙)。

馬場にてカレンに騎乗のU先生からは
ダメだ、ムリだ、と思ったらそのことばかりに固執せずに
その問題点は暫し捨てて、別のことをしてみたほうが良いとのこと。
他のことで上手く馬とのコミュニケーションがとれてきたら
再度試してみると、人馬共にすんなりいくこともあるとのこと。

馬場の外にて見守っていてくださった伊丹先生からは
最初の常歩、そして軽速歩への移行の段階で
DDの苦手な左回り(でしたっけ?)からはいってしまったので
運動の初めは得意?なほうから試してみたほうがよいとのこと。

いつものレッスンでの凹み以上に凹んだ内容だったので
1日も早くリベンジを・・・と思っている私なのでした(涙)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(0)
68鞍・ダイヤモンドダスト


2週間ぶりの乗馬とあって朝から若干緊張?の日曜日。
曇り空、そして心なしか寒いとまで感じる陽気ながらも
久しぶりのフォレストはやっぱりとっても気持ちいい(嬉)。

DDの馬装も久しぶりだなぁ・・・とうきうきしながら(笑)。
そして騎乗、馬場に向かいのんびりと常歩
2週間ぶりとは思えぬ心地良さはやっぱりDDの背だからかな?
蹄跡に沿って時々手前を変えながら常歩を続ける。

そして蹄蹟沿いを手前変えつつ軽速歩
右手前の時、奥の隅角の部分でどうしても内側によれられてしまう。
右の脚を強めに入れるも、まったく効いてる感は無し(涙)。
何周めかで左手に持っている鞭を右手に持ち変えてみるも
脚と同時に鞭を使うことでどうにか蹄跡に戻るようなってくれた。
鞭を右手に持つとほとんど使えない私だったりするのだけれど
持ち変えるだけでも少しは効果があるのかな?

その後は速歩、そして停止、速歩発進を繰り返す。
「滑らかな(速やかな?)移行」
先生からいつも指導される注意点。
脚の入れ具合、手綱のゆるし具合・・・
スムーズに速歩が出たときの感覚を覚えておくようにと
心してはいるのだけれど、どうにもやっぱり難しい(汗)。

そして案の定、またまたいつもの如く左手前で逃げられる(涙)。
ここで手前を変換しようと思った地点で変換出来ず・・・
先生の「絶対負けない、左といったら左」という声に
速歩から常歩に落として、右の拳で壁、左の拳をゆるす
毎回指導されているようにやってみるもどうにもダメダメ(涙)。

何度も、何度も、周回を重ねて
同じ場所の手前で常歩におとし、再度チャレンジするも
何回めかでようやくすんなり左に手前を変えてくれた・・・(ほっ)。
この左手前の難関はいつになったら克服出来るのかな--;。

下馬後、私の騎乗を見ていた彼曰く
右手前の時と左手前の時は姿勢も拳も全然違うとのこと(驚)。
毎回ちゃんとすんなりいく右手前の時は無意識でいるのに
左手前の時は妙に意識しすぎちゃっているせいなのでしょうか?
むむむ、今度の騎乗時は無意識で乗ってみようかなぁ・・・
などと思ったり--;。

左手前は難儀なDDだけれどお手入れもいつも同様とっても穏やか。
顔を拭いてあげると必ずおおあくびをするのが
ものすごく可愛くてダイスキだったりするのです(笑)。

めいっぱい馬を、フォレストを、満喫出来て幸せな1日でした:-)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(1)
67鞍・ダイヤモンドダスト
GWの一番のメインイベント、フォレストお泊まり(嬉)。
前日から喉が痛くて危険な予感がしていたけれど
一応お泊まりセット?を準備していざフォレストへ。

のんびり放牧されているDDの馬装をして
のんびりと馬場にて常歩、軽速歩
先週乗れなかった分、気持ち良さも倍増(笑)。

蹄跡に沿って手前変換しながら軽速歩、速歩を続ける。

内側にさされそうになる部分では内方脚を強めに入れる。
馬体は常に真っ直ぐに、馬の鬣がきちんと自分の中央にくるように
隅角では正面の埒にぶつかりそうになるあたりまで
深く、真っ直ぐに馬をもっていくこと。
先生の指導のもと何度も何度も基本を繰り返す。

左手前では案の定、やっぱり、逃げられる(涙)。
それでも先生が進行方向に移動すると
不思議と比較的すんなり曲がってくれる?

むむむ、DDったら、かなり賢いです(涙)。

途中細かな雨が降りだして、喉痛めてる自分としては
いつもならとても濡れることが気になるところだけれど
馬に乗っている間は全然気にならないから
それだけ集中しているってことなのかな(嬉)。

騎乗終了後すぐにIちゃんがDDに騎乗したので
全身濡れてしまったこともあり、お手入れをIちゃんに託し(謝)
私はすぐさま着替えて養生しました(汗)。

そのかいあってか無事フォレストにお泊まり出来たし
次の日は残念ながら強風のため騎乗こそ出来なかったけれど
朝から馬房掃除が出来たし、午後までのんびり出来たし
楽しく充実したフォレストお泊まりDayを過ごせたのでした:-)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(0)
66鞍・ダイヤモンドダスト
まだ4月だというのにまるで夏のような暑さ(驚)。
フォレスト到着後すぐにDDの馬装をするも
なんだか気だるい雰囲気のDD(汗)。
私もまだまだこの暑さに身体が慣れずに
夏女にも関わらず馬装中すでにへろへろ;-P。

いつも同様蹄跡に沿ってのんびり常歩
そして軽速歩
軽速歩を始めるとすぐに5回ほどくしゃみをするDD。
これもいつもと一緒(笑)。

軽速歩のまま手前変換してみるも
案の定左手前で逃げられる。
ましてや今日の逃げは半端じゃない逃げ方で
絶対行かないぞっっっ、との如く頑固なまでのDD(汗)。

先生から
敢えて頚を少し右に向けて
右の拳で壁を作る
ように」
と言われ
左の拳は楽に
との指導に精一杯やってみるも結果は×(涙)。

蹄跡ではなく輪乗りにするよう言われて
輪乗りを始めるも右手前は比較的楽なのに
どうしても左手前になると一定の輪にならない(涙)。

困った・・・

ほんとうに困った・・・

と途方にくれていると先生が馬場に登場。
乗り変わってくれることに(ほっ)。

動画からの画像なので荒し(謝)。



で、もちろん当たり前のことなのですが
すんなりと左手前変換をするDD。



何周もまわって丁寧に説明しながら見せてくださり
頭の中と、視線では、充分理解。

でも・・・
見るのと、やるのは、大違い(涙)。

先生がマジックをかけてくださった後に騎乗して
輪乗りを続け、左手前変換を試してみるも
いとも簡単に左手前で変換をしてくれるDD。
自分的にはダメダメだった時と
さほど変わらない扶助のように思えるのに
ほんとうにすぅ〜っと気持ちよく変換してくれる。
やっぱり、これは、伊丹先生マジックだよなぁ・・・

下馬後、DDとの格闘?&あまりの暑さに再びへろへろ。
夏女の本領発揮までにはもう少し暑さに慣れるまで
時間がかかりそうなのであります(笑)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(0)
65鞍・ダイヤモンドダスト
フォレストお泊まりの朝。
うぐいすの鳴き声で目覚める朝6時。
賑やかな楽しい食卓で朝ご飯(嬉)。
そして早速お泊まりならではの楽しみのひとつ
馬房掃除へ・・・

馬房3つを掃除しただけで
全身汗だくの爽快感。
前日のお酒も汗とともにすっかり抜ける(笑)。

朝一で馬場を駈ける
Mokaさん&フェビアンの騎乗を見学後
DDの馬装、そして馬場へ。

澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込み
鳥達の声を耳にしながらの早朝の馬場は
いつも以上に気持ちがいい(嬉)。

の〜んびり常歩
そして気持ちよく軽速歩

蹄跡上速歩にて手前変換しながら
今まで教わったことを取り入れつつのフリー。
速歩-常歩の移行
そして速歩にて内方脚を入れる斜横足
を重点的に何度も、何度も、繰り返す。

そして先生から馬場中央に・・・とお呼びがかかる。
先生の手には調馬索。
ということは駈歩だ(汗)。

前日とは逆に左手前にて速めの軽速歩をとり
外方脚を下げて、内方脚を入れる

ふわっ・・・出た(嬉)。

左手前は何度も経験している分
最初こそ固くなりホルダを握りしめていたけれど
何周か続けるうちに少しずつ力も抜けるようになる。
自分の脚がゆらゆらと揺れてしまっているのを
定位置に止めなくちゃと意識出来るほど意外と冷静(笑)。

この駈歩のリズムと速さに慣れないとなぁ・・・
慣れたいなぁ・・・と痛感しながら65鞍めが終了。

DDは午後からまたお仕事があるので
足のお手入れとブラッシングのみで馬房にて休憩。
その後もものすごく汗をかいたのでシャワーを浴びてから
他の会員さんの騎乗を見学したりして
のんびり気持ちよくフォレストで過ごす(幸)。

やっぱり週末2日間連続して乗ると
前日教わったことを身体がしっかり覚えているので
ものすごく充実感を感じてしまう。
うぅ・・・
また去年のように土日続けて乗れるようになりたいなぁ。
と、いつかまたそんな日が訪れるように
私も精一杯頑張ります、はい(笑)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(0)
64鞍・ダイヤモンドダスト
朝から快晴のいいお天気(嬉)。
今日は騎乗後フォレストにて
たけちゃん&ともちゃんの
結婚おめでとうパーティがあるため
めいっぱい飲むぞとばかりに
フォレストお泊まり(笑)。

先にDD騎乗中のN女子と乗り変わるとき
「今日のDDはグッちゃんみたいだよ」と言われ
グッちゃんに騎乗したことのない私は
???と思いつつ
いつもの如く蹄跡に沿って常歩、軽速歩

これまたいつもの如く(汗)
隅角で内側にショートカットされつつも
内方脚を強めに入れて軌道修正。

手前変換しながら軽速歩、速歩
自分の騎乗している写真や動画を見ていると
つま先の開き気味なのが常々気になっていて
意識していれば真っ直ぐに出来るのだけれど
ふっと他のことに気を向けるとすぐに
つま先の開いているのが自分でも分かる(汗)。

蹄跡に沿って、鬣を真っ直ぐ
という先生の指導と
開いてしまうつま先をとじることに
自分の意識を集中しながら軽速歩、速歩を続ける。

もっと元気な軽速歩を出すようにとの先生の指示。
そして・・・
隅角にて外方脚を後ろ、内方脚を強く入れるとの指示。

駈歩だ。
ましてや右手前だ。

でも・・・出ない(汗)。
全然・・・出ない(汗×2)。

何周も、何周もチャレンジしたけど
やっぱり出ない(涙)。

埒の外で私の騎乗を見ていた彼が下馬後
「何度か出そうになってたよ」とのことだったけど
自分ではその「出そう」な感覚が分からない;-P。

すると先生が調馬索を手に登場。
これなら安心・・・と思いつつも
なんと一度も経験していない右手前(汗)。
速めの軽速歩を続けながら先生の
「ぼんっ」という声に合わせて内方脚を入れると
「ぽろり」と落ちた私(汗)。
その後先生が調馬索のままDDを数分まわしたあとで
再度同じ右手前で騎乗、再挑戦(笑)。

何度めかの脚でようやくすぅ〜っと駈歩が出た(嬉)。
久しぶりの感覚。
私の身体はガチガチに固まっていて
ホルダを持つ手にも力が入ってしまう。
先生から
左の肩を後ろ、左斜前を見るように
との声が聞こえてきたのも数周まわってから・・・
というくらい久しぶりに緊張してしまった(汗)。

ぽろりのあとにも怯むことなく再度乗ることが出来たし
その後のお手入れでもDDらぶらぶとばかりに
念入りに、これまた久しぶりに
DDの全身を洗うことが出来たし、充分幸せ(嬉)。
でも・・・
やっぱり駈歩、出来るようになりたいな。

その後は
↑の写真&乗馬日和のデジカメ写真にもあるように
飲んで、食べて、笑ってめっちゃ楽しいパーティ♪で
賑やかな夜が更けていくのでありました:-)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(0)
63鞍・ダイヤモンドダスト
前日土曜日は快晴暖かくの気持ち良いお天気。
ところが・・・
一転してフォレストに向かう日曜日は激寒(涙)。

真冬並の北風を受けながらも
DD騎乗のJさんを見学→続けて私の騎乗。

常歩、軽速歩ともに
相変らず、毎度のことながら
左手前で頑なに逃げられてしまう。
ましてや馬場の奥にある水溜まりを避けるが如く
内回り、内回り・・・されてしまって
右手前でも逃げられ気味(汗)。

内方脚、鞭を使い
蹄跡に戻すようにと四苦八苦していると
先生が馬場に登場(ほっ)。
彼&クロちゃんが馬場全体を使って駈歩の間
馬場の中央にて停止して待つことに。

ピクリとも動かず静かに停止しているDD。
馬上にて鐙を一穴伸ばしながら
DDの顔をのぞき込みながら
「どうして曲がってくれないのぉぉぉ(涙)」
と小声で話しかけたりして;-P。

その後再び軽速歩にて蹄跡行進。
先生登場後は比較的素直に扶助に反応してくれる(謎)。
そして手前を変換しながら速歩

奥の水溜まりがある同じ箇所で
右手前の時どうしても内側に逃げられてしまう。
先生から鞭を右手に持ち変えるように、との指導。
時々拳が開いてしまう(汗)ことも
きちんと握る」ように指導を受ける。

先日自分の騎乗している姿を動画で見たら
速歩の時モンローウォークのように
左右に腰が揺れている時がある(汗)。
これは絶対直したいっっっ
とばかりに真下に体重を入れるように意識。
そして先生からいつも指摘されるバランスバック
このふたつを意識していたらなんと
今日は脚を入れるのがとても楽だった(嬉)。
一度だけ先生から
脚の入れるタイミングを褒められてにっこり(嬉)。
ただし、もっと強くね、と言われてしまったけど(笑)。

その後久しぶりに馬場全体を利用しながら
今までやってきたことを取り入れつつ周回するよう、とのこと。
昔はこの指示が出るとどきどきっ、としちゃって
頭の中も真っ白になっちゃって
いったい何すればいいんだろう?状態だったけど
今の私はもうだいじょうぶ:-)。
自分的には一番苦手な
常歩から速歩への移行を練習することに。
(なかなかスッ、とスムーズに速歩が出ないのです(涙))

蹄跡沿いに常歩、速歩を繰り返していると
先生から「常歩は5歩くらい」とのこと。
何度も何度も繰り返し
比較的スムーズに速歩が出た時の脚、拳の感覚を覚える。

やっぱり乗馬は頭ではなくて
体で覚えていくものなのだよなぁ・・・
もっともっとたくさんいっぱい
乗りたい、乗り続けたいよなぁ・・・
などとレッスン終了後ののんびり常歩で
つくづく痛感していた63鞍めだったのでした:-)。
騎乗記録2004.4〜5月 | comments(0) | trackbacks(0)