1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2017
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
104鞍・ティンカーベル

部内大会前ということで

経路の練習をしたのと

調馬策で駈歩をした104鞍め。

騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
103鞍・アスベル
今日はアスベル騎乗とのこと。

馬体がとても大きいので
高位置からの視野に気持ち良さを感じつつ
雄大な動きに身を任せて常歩。

速歩の発進は
私の脚の力が弱いのか?
はたまたタイミングが悪いのか_| ̄|○
最初なかなか出ませんでしたが…
いざ速歩が出てしまうと
今度は止めるのが大変なほどの勢いw

常歩、速歩、常歩、停止
を繰り返すも
停止で一旦は止まるのですが
すぐ歩を進められてしまいます汗

先生からせめて3秒止めるようにとのことで
騎座を落とし、脚を伸ばし
拳だけでひっぱらないようにと必死プシューながら
何度も繰り返すうちに3秒停止出来るようになりぴかぴか

最後のほうは自分自身の体力が持たずに
若干ヘロヘロながらもw
雄大なアスベルの馬体に心地良さ満喫の騎乗でありましたラブ
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
102鞍・パルティータ
一ヶ月半ぶりに騎乗したパルは
常歩の時からなんだか様子が違う雰囲気?
一歩一歩に力強さを感じます。

そしていざ速歩を出そうとすると
ほんの少しの扶助で
すぅ〜っとスムーズに速歩発進ぴかぴか

ましてやものすご〜く久しぶりに
斜横歩をさせてもらうことが出来て
その扶助にも従順に動いてくれるパルラブ

前回の凹みをスッキリ忘れてしまうほどに
とても気持ちのいい騎乗なのでありましたるんるん
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
101鞍・パルティータ
気持ちが負けてしまっているあせあせ

騎乗する前から
前回パルに騎乗させてもらった時に
速歩を出すことが出来なかったため
今回は果たして速歩を出すことが出来るだろうか…
と一抹の不安を抱えつつ汗

いざ、騎乗して常歩、そして速歩を出そうと脚を締めるも
案の定常歩のまま、延々周回あせあせ
ところが有美先生に乗り変わると何事もなかったかのように
すぅ〜っとすんなり速歩に。

昔ルーちゃんで経験した悪夢が蘇ってしまい
このまま速歩が出せなかったらどうしよう、と
気持ちばかりが焦ってしまいtt
再度乗り変わりなんとか速歩を出すことが出来て
一周したくらいのところで私自身の体力が限界に下向き

体力・気力共に少しスランプ気味かもしれません、ぐすんあせあせ
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
記念すべき100鞍・アスベル
夏の間は激しい運動を避けるように、と
主治医から助言を受けたため
アスベルでフリー騎乗をさせてもらうことにぴかぴか

雄大な馬体にこの身を任せながら
100鞍めの記念すべき騎乗を
のんびり常歩、軽快な速歩で
満喫することが出来ました(感謝)。
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
99鞍・パルティータ
今日の騎乗はどうにもダメダメ下向き

常歩では蹄蹟に沿い、隅角を丁寧に曲がるよう心がけつつ
のんびりと気持ちよく周回していたのですが…

左手前で速歩を出そうと脚で合図するも、出ずあせあせ
(右手前だとすんなり出る→駈歩が出そうな速歩なのですが)

過去の騎乗で比較的スムーズに速歩を出せていた分
戸惑う気持ちがどんどん膨らみながらも
強めに脚を入れたのですがそれでも出せず汗

何度合図を繰り返しても反応してもらえないまま
有美先生に乗り変わると何ら問題なく
すぅ〜っとスムーズに速歩が出ます。

うぅぅぅ…どうして出せないんだろう。

再度乗り代わり、ようやく速歩を出せたところで
私自身ヘロヘロになってしまいレッスン終了あせあせ

基本中の基本な部分で躓いている自分に情けなさを感じながらも
次の騎乗こそ頑張ろうと思いつつパルのお手入れをしていました。
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
98鞍・パルティータ
連日雨続きあめで馬場に水溜りこそ出来ていませんが
歩いてみるとずぼっずぼっ、と足をとられる感じ。
ましてや今週ずっと腰が痛く辛かったのため常歩中心での騎乗。

最近馬に乗っている人をテレビなどで見る機会があると
週末ライダー・素人の私でも騎乗姿勢を見るだけで
「あぁ、この人は乗れる人なんだなぁ」とか
「あれれ、そんなに上手くなさそうだなぁ〜」などと
個人的な感想を持ってしまいます。
そんな中、私自身、自分の騎乗姿勢に自信がないため
基本中の基本騎乗姿勢メインに指導してもらうことになりましたイケテル

まずは脚位置。
両脚を下に伸ばし、馬体を脹脛で包み込む感じ。

私は両肩が少し猫背気味に内側にきているので
胸&両肩を開くよう、意識すること。
(あまり意識しすぎるとそっくり返ってしまったり汗)

騎座は臀部全体でベタッと座らないこと。

有美先生に細かい部分まで指示してもらい
時々「そう、その感じ!」と言われたときは
「ああ、出来ているんだぁひらめき
と嬉しく思うのですが…
また気を抜くとすぐ猫背気味になったり
そっくり返ってしまうのですよね、とほほプシュー

あまり意識しすぎると身体に力が入ってしまうので
あくまでも力は入れず、リラックスした状態で
基本の姿勢を保ち続けること。

伊丹先生や有美先生がいつも言われるように
「感じる」
頭で、理屈で覚えるのではなくて
身体で感じて覚えていくこと。

ほんとに基本中の基本のことなのですが
馬に乗るために、馬をきちんと動かすためには
とても大切なこと。

マンツーマンならでは
そしてフォレストならでは、の
貴重なレッスンを受けることが出来ましたぴかぴか
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
97鞍・パルティータ
今日も8の字を均等に描くレッスンです。

ところが前回の騎乗時の違う点がいくつか…

ゞサ参颪近いため馬場内に経路が作成されている。
鞍がE御夫妻の馬場鞍。

そして今まで軽速歩が中心で
時々3歩〜5歩正反動というレッスンだったのですが
今回は正反動で8の字を描くレッスンとなりました。

パルの背中を気遣いつつ
E御夫妻の鞍にも気遣いつつ汗
常歩、軽速歩のあと正反動にて
経路内を8の字で周回することに。

DDに乗っていた頃は正反動になると途端に速度が落ち
軽速歩で軽快さを取り戻して再度正反動、を繰り返していましたが…
パルの場合は正反対あせあせ
正反動になると途端にスピードがアップしてびっくり仰天です。
(私の軸が一定していない=座れてないため
パルが背中に違和感を覚え速度が速くなってしまうとのこと_| ̄|○)

それでもパルの歩幅はそれほど大きくないので
自分なりには必死についていきながらも
有美先生の立つ基点から綺麗な8の字を描こうと…しましたが
内方脚を使い蹄蹟まで誘導することが上手く出来ずに
どうしても小さめな円になってしまいます。

脚が使えていないこと、座れていないこと、などなど
自分の非力な部分を思う存分実感しつつの騎乗でありました。
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
96鞍・パルティータ
馬場に砂が入りふかふかな状態での初騎乗。

馬上体操をしながらのんびり常歩、そして軽速歩。

今日は8の字を描き
両方の円を均等な大きさにする、というレッスン。

馬場中央に有美先生が立ってくださり
そこを基点として軽速歩にて8の字を描きます。

何度チャレンジしても輪の大きさが均等にならず
内方脚でパルを埒沿いに出すべくかなり結構必死な私汗

途中一緒に馬場に出ていた風花chanが
馬場外の物陰に驚き、それを目の当たりにしたパルもびっくりw
ほんの少しバランスを崩す瞬間が2度ほどありましたが
恐怖心もなく、冷静にパルの動きについていけたことが
ものすごく嬉しかったなぁ、とひらめき
昔の私だったらおそらくぽてっ、と落ちていたでしょうw

8の字は満足のいく結果とは言えませんでしたが_| ̄|○
それでも充実感たっぷりな騎乗が出来て嬉しかったです。
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)
95鞍・パルティータ
今日は調馬索レッスンです。

常歩でゆっくり周回。
円を大きくしていくよう言われ
内方脚を入れるのですが
なかなか外側に膨らんでくれません。

馬の歩様に集中し
あばらの部分(内方)がへこんだ時
脹脛で押し出すよう有美先生からの指導。

タイミングがとても難しいのですが
繰り返すうちに馬の動きを体で感じられるようになり
段々と少しずつ円が大きくなっていきます。

そして軽速歩。

周回を続けているうちに時々首を下げるパル。
両手をもっていかれてしまいバランスを崩し
結果常歩になってしまう私_| ̄|○。

両手を伸ばしても自分自身のバランスが崩れないよう
何度も周回、何度も練習!
首を下げることに関しては
後肢を入れることで解消されるようですが
私にはどうにもまだまだ難しく汗

昔DDに乗せてもらっていた頃は
「あ、ズレた」と自らバランスを崩しても
そのまま歩様を変えることなく動いてくれていましたが…
(左手前変換にはいっぱい苦労したけどw)

パルは手前変換に対して素直に反応してくれる反面
バランスが崩れると途端に動きが止まってしまうので
自分自身のバランスを学ぶことが出来るなぁ、とラブ

終始軸・バランスに集中していた充実のレッスンなのでした(感謝)。
騎乗記録2006 | comments(0) | trackbacks(0)