1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2017
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
6鞍・ダイヤモンドダスト
朝起きて、今日はフォレストだ〜と思うとそれだけでわくわくっ。
普段は朝が苦手な彼も騎乗の日となると自然と自分で起きるほど(笑)。

行きはいつも騎乗スタイルのまま車に乗り込む私達。
最初は少し照れ臭かったキュロット姿も今ではお気に入りの格好となり
キュロットに長靴姿で途中コンビニに寄ったりもするほど(笑)。

それにしても今日は京葉道路が幕張から穴川まで大渋滞。
潮干狩りのシーズンだし
九十九里や館山方面に行く人達も多くなる季節。
時間に余裕を持って出かけたので今回は充分間に合ったけれど
これから先、ますます増えるであろう渋滞を考慮すると
もう少し早めに家を出るようにしほうがいいのかもしれないなぁ。

さてさて、騎乗のほうはと言いますと・・・
バランスレッスン中
初めてほとんど視線をさげずに周囲の木々を眺めながら
心の底から沸き上がる爽やかな心地良さを感じた。

調馬索をはずしたあとの常歩もものすごく気持ち良かったぁ(嬉)。
速歩にも恐怖感はまったくなく
一度DDがカクンッとなった時にも声はあげてしまったけれど
身体はそのままの姿勢で、恐怖感も全然感じなかった(驚)。

でもやっぱり軽速歩はまだまだ(汗)。
姿勢が一定しなくなっちゃうし
鐙もきちんと踏めていないし
時々脚がゆらゆら揺れてしまうし・・・


これはもう回数を重ねて乗り越えていくしかないのでしょう。

騎乗後初めてDDにお湯をかけて洗うことが出来たのも
これまた嬉しい。
たてがみや尻尾にシャンプー、リンスをしてあげるのだ。
DDの身体に触れ、手入れをしているだけでも
気持ち良いから不思議。
フォレストの、そして乗馬の、癒しのマジックなのかも?

案の定騎乗が終了して、クラブハウスてお昼を食べた後
やっぱり帰路に向かう気持ちになれない私達は
会員の方達の騎乗を見学(笑)。
そうそう、今回初めて【軽乗】のレッスンを見学した。

鞍無しのクロちゃんの背にバランスのみで両手を離し乗るのだけれど
(最初に騎乗した先生(奥様)は
両足を交差させたりしてすごかったぁぁぁ)
これがもうびっくりするくらいに
難しそう&バランスの勉強になる。
超初心者の私達には今はもちろん無理だけれど
いつかは軽乗レッスンも受けてみたいなぁ・・・(遠い目)。

結局皆さんの騎乗が終了するまで入り浸り
またまたビール&奥様の美味しい手料理を御馳走になってしまった(汗)。
いつもいつもスミマセン・・・
BQの時には焼酎の一升瓶持参で参加します故☆
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
5鞍・ダイヤモンドダスト
フォレストで乗馬を始めて早や5鞍。
今日は調馬索無しでの単独騎乗を初体験。

常歩では全然怖さを感じなかったけれど
速歩のスピードになると
やっぱりほんの少しどきっとするなぁ(汗)。

それでも着実に一歩一歩前進しているという実感に感動しつつ
まだまだ下手くそな私(笑)でも
大人しく一緒に走り続けてくれるDDにも感謝感激。
もっともっとDDと一緒に走り続けていきたい・・・

でもって騎乗後も会員さん達の騎乗を見学したり
子供さん達とめいっぱい遊んで過ごした癒しの日曜日。
夜にはまたまたクラブハウスにて
お酒や美味しいお食事を御馳走になっちゃって
10時間もフォレストに居着いてしまった私達。

ましてや4日に開催されるバーベキューの日は
彼共々お泊まりということに(嬉)。
これで運転の心配無くいっぱい飲めるねっ→彼(笑)。
もちろん4日も5日も騎乗するし・・・
楽しく充実したGWになりそう、です:-)。
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
4鞍・ダイヤモンドダスト
フォレストでの騎乗4鞍めにして怖さはすぅ〜っと消え去った。
あとに残ったのは気持ち良さと強烈なる向上心。

のんびりゆっくりじっくりと・・・

今回の騎乗ではお互いの騎乗フォームを見るべく
それぞれの騎乗時にデジカメで撮りあってみた。



バランスレッスン中

自分ではかなり背筋を伸ばしているつもりでいたけれど
写真で見てみるとまだまだ、って感じで驚く。
もっと胸を張らないと、とか、
鐙もちゃんと踏めていないなぁ、とか
乗っている時以上に自分の欠点がはっきり見えてくる。
当分はこうやって自分の騎乗フォームと向き合うことも必要かも?
もちろんそれより何よりたくさん乗りたいのだけれど(笑)。

クラブハウスでお昼を食べていた時に
先生や会員さん達と一緒に
数年前の競技会のビデオを見せてもらった。
馬場馬術は難しそうだし、ものすごく緊張しそうだなぁ・・・
と常々思っていたけれど
ビデオで先生(奥様)や会員さんの競技を見ていたら
案の定どきどき緊張しちゃったりして(汗)。
こんなふうに手に汗にぎり緊張しつつも
上手い方達の騎乗を見ているとそれだけで勉強になる。
すごく、すご〜く憧れるし、ものすごく素敵☆

それにしてもGW明けに行われる競技会。
ビデオで見るだけでもこんなにどきどきしちゃうのだから
会員さん達の騎乗を目の当たりにしたら
もっとどきどきしそうだなぁ、自分(笑)。
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
3鞍・ダイヤモンドダスト
お天気も良く暖かく気持ちの良いお天気だけれど猛烈な風。
こんなにももの凄い風の中だというのに
フォレストの馬達はみんなおとなしくてすごいなぁ、と感動しつつ
3鞍めの騎乗に僅かながらどきどきしながらも
心は踊りつつ馬場に向かう。

すれ違いざま奥様が「頑張ってね」
と笑顔で声をかけてくださってこれまた感動(涙)。
この優しさがまさに癒しなのです・・・ほんとに感謝です。

今まで馬に乗る時には経験したこともないような強風なので
騎乗前はちょっぴり怖いなぁ・・・と思っていたけれど
いざDDに乗ってみたら「怖い」という気持ちが
まったくなくなっていた(驚)。
先生がマンツーマンで指導してくれるという安心感と
DDに対する信頼感が
こんなにも私の心を穏やかにさせてくれているのかなぁ:-)。

いつものように調馬索で常歩

鐙から脚を外して両手を回し

片足ずつ足を掴むという馬上体操
を繰り返す。

そして先生の「速歩」 という言葉に
前回までは心臓がどきんっとしていたのだけれど
今日はまったくどきどきすることなく
DDの速歩の動きに身を任せていられる。
速歩が「気持ち良い」とまで感じていたのです(驚)。

速歩の時、今日はとにかく自分のに集中してみた。

鐙を履いていないから脚がだらんと下にさがったままなのだけれど
前回までは速歩に対する不安感や
自分のバランスの悪さに気持ちが向いていて
どうしてもいつの間にかつま先が開いていってしまうのだ。

先生に前回言われたことを思い出しつつ
ふくらはぎでDDのお腹を包み込むように気をつけつつ

つま先も外に向かないように

踵もなるべく下げるように
・・・出来るだけ意識してみた。

そしたら自然と鞍に身体が吸い付いているような感覚になってきて
前回までのようなふらふら感もあまり感じられずに
ものすごく気持ち良くDDの背で速歩を堪能出来た(嬉)。

両手を放して速歩のDDの背で長い時間乗れたのも
ものすごく気持ち良かった(嬉×2)。

実際自分がやっている時は感じないけれど
端から見ると速歩の馬の上で足も手も放した状態で乗れるなんて
なんだかものすごいことのように思えてしまう(笑)。

そして今日はフォレストにて軽速歩も初体験。
先生の指導はとても分かり易くて、馬上にいても感激してしまう。

手綱の長さ、持ち方、腕の位置・・・などなど
こんなに細かく丁寧に教えてもらったことは今まで1度も経験がない。
そして過去に経験した軽速歩は
まったくの偽物?だったようにも思えてしまう(笑)。
それくらい今日経験した
軽速歩(速歩の状態で腰をタイミングよく浮かすこと)は
過去のどの時よりも気持ちよく走ることが出来た。
もちろんまだ腕に力が入っているのは自分でも気づいていたけれど(汗)。
あくまでも精神的には・・・うん、とても気持ち良かったのです(嬉)。

今日の騎乗もあっという間&やっぱり汗だく。

騎乗後クラブハウスでサイドサドルのビデオを見ながら
先生や会員の皆さんと楽しくお昼を過ごし
午後の騎乗を見学したり、会員の方達とお話したり、写真を撮ったり・・・
いつもながらの安らぐ楽しい癒しの時間を過ごして帰ってきた私達。

帰り道ずぅ〜っと行きたかった「ザ・サラブレッド」というレストランで
美味しいスパゲッティを食べたことも楽しかったことのひとつ(笑)。

次の騎乗は来週末(土日・火と乗りまくりです(笑))。
今からとっても待ち遠しいなぁ・・・
お天気崩れることのありませぬように(願)。
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(1)
2鞍・ダイヤモンドダスト
初夏を思わせるかのように温かな陽気。
午後1時からの騎乗なので午前中はテレビで競馬観戦(笑)。
道もすいすいとスムーズに40分ほどでクラブに到着。

昨日同様調馬索のバランスレッスン
ほんとうに充実していて感激してしまう。

常歩は自分的には安心、だいじょうぶなのだけれど
いざ速歩になると落馬時のトラウマなのか心臓がどきどきっ。
先生はもちろんのこと、DDも信頼・安心しているというのに
どうやら自分自身のバランス感覚や騎乗に
自信がなくなっているような気がする。
ただそれでも諦めることなく
「乗りたい」と思うだけでも成長・回復しているのかな。

あっという間の騎乗時間は汗だく状態。
洗い場でDDの手入れをしながらも額から汗がつたう始末。
終了後は即座に着替えてすっきりしたけど
今の時期でこんなに汗をかくようでは真夏はいったいどうなることやら?
でも気持ちのいい汗だから爽快感でいっぱいだったりします(笑)。

その後もクラブハウスのテレビで桜花賞を見させてもらったり
(アドグルとリリーの一点であっけなく玉砕(涙))
会員の方達の騎乗を見学したり、写真を撮ったり
と、のんびり楽しく過ごし
夜にはお酒と夕食までご馳走になってしまいました(感激)。

あまりにも楽しくて、居心地が良すぎて、長居しちゃいましたが
フォレストに出会えてほんとうに良かったと心の底から思いながら
真っ暗な夜の高速をはるみく茶々の待つ家路へと
車走らせる私達なのでありました。
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
1鞍・ダイヤモンドダスト
今まで一度も、どこのクラブでも経験したことのない
調馬索のバランスレッスン

鐙から脚を外して乗ったり
ましてや手綱を持たずに、要するに 腰と脚だけで、
バランスだけで 馬に乗る、馬に乗れるなんて…
ただただもうびっくり仰天な内容。

そしてこんなふうに基礎の基礎から
懇切丁寧に教え込んでくれる素晴らしさにただただ感動。

先生の指導の声や言葉もものすごく丁寧で温かい。
マンツーマンだけあって
きちんと自分の騎乗を見てくれているという安心感。

前回他クラブで経験した落馬のせいあってか
速歩の時に若干緊張しちゃって硬くなっている私だけれど
先生の指導のおかげで少しずつ
落馬の恐怖心から解き放たれてる気がします。

最初は鞍に上手く身体が密着していない感じがして
正反動もふらふらしがちだったけれど
終了間近には鞍と腰の密着感が僅かながら感じられたし
DDも首を下げてリラックスして走ってくれていたらしい。
(↑馬のこういう状態がリラックスしている時だということも
フォレストのレッスンで初めて教わる)

騎乗終了後もDDと一緒に洗い場まで行き
彼と交互に裏堀をしたり
身体をブラッシングしてあげたりして
初めて馬のお世話が出来たという実感を感じる。
(他クラブでは説明を聞いた程度だったものなぁ…)

とにかく充実且つ感動のフォレスト初騎乗(嬉)。

この感動は決して他のクラブでは得られないと痛感した私達は
迷わず即入会を決めてしまいました(笑)。

それにしても今までの13鞍は
いったいなんだったのだろう?と思ってしまう…
もちろんたくさんの馬や人に出会えて嬉しかったし
いろんなクラブの雰囲気も楽しんで、満喫してきたけれど
そしてそれぞれのクラブに
それぞれの良さがあるとも思うけれど…

今までの13鞍はほんとに一回一回の騎乗が駆け足で進んでいき
バランスも何も分からない状態のまま
速歩まで経験してしまっていたわけで。

フォレストに出会うことがなかったら
そのまま不安定な、中途半端なまま
ふらふらと馬に乗り続けていたのでしょう。

それはそれで今思えばとても怖いことのように思います。
今思えば落馬したのも当たり前のように思います。
(それでも落馬していない彼はさすがだっ(笑))

これから先基礎からしっかり学んで
たくさんのことを教えてもらって
一歩一歩少しずつ、ゆっくりじっくり成長していきたい。
焦って進んでも決して良いことではないと思うから…

これってなんだか人生…と一緒、みたいですね(笑)。
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
体験乗馬
(第13鞍)T・クリスピー
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
体験乗馬
(第12鞍)T・クリスピー
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
体験乗馬
(第9鞍〜第11鞍)O・サクライップニー
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)
体験乗馬
(第6鞍〜第8鞍)O・キャプテンロック
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(0)