1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2017
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
14鞍・軽乗・クロチェット
早朝、空はどんよりしながらも
まだ雨が降っていないので一抹の期待(笑)。
彼も珍しく自ら自然と起床してすぐさまお天気予報に齧り付く。

もし乗れなくても、たとえそれでもいいから、とりあえず行こうか・・・

行きたい、乗りたい、気持ちは一緒ね、ってことで
ポツポツと降りだした雨の中一路フォレストに向かう。
で・・・
富里に近づくにつれてどんどん雨足が強くなり
着いたら結構な雨(汗)。
無理ならそれでもいいよね、っと思っていたけれど
先生&U先生の温かい心遣いで軽乗ならOKとのこと(嬉)。

彼との間では軽乗は10鞍毎に1度と決めていたので
思わぬ早さで訪れた2度めの軽乗に内心めちゃくちゃわくわくな自分。
鞍無しのクロちゃんに跨がりながらの15分間の騎乗の中に凝縮された
バランス感覚や姿勢などなど乗馬の基本中の基本を学べることは
私達にとって貴重な、大切な経験なのでありまする。

でもって2度めの軽乗は雨降る中とは言え感動そのもの。

前回の初めての軽乗の時は速歩があまりにも速く感じていたけれど
2度めの今回は速さをまったく感じることなく
寧ろ心地良いスピード感として感じ取ることが出来た。

そして前回はただただずり落ちそうになるのを
無理矢理必死にしがみついてたのに
今回はクロちゃんの背中の動きが座骨で感じられるほどに
冷静に(あくまでも自分のレベルでだけど(笑))乗ることが出来た(嬉)。

まだまだ気を抜くと足が前にどんどん流れてしまうし
背筋・腹筋に力を入れて胸を張り
尚且つ身体全体には力を入れず・・・

という部分的な力の入れ具合、抜き具合が
ぜんぜんコントロール出来ないけれど
これは乗って、乗って、乗りまくって
身体で覚えるしかないのでしょう。

雨の中頑張って走ってくれたクロちゃんに感謝。
そして
雨の中濡れながらも丁寧に指導してくださった
U先生にも心から感謝、感謝です。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
13鞍・ダイヤモンドダスト
今日もやっぱり体調戻らず(涙)。
昨日ほどの熱っぽさはなくなったけど
だるさと節々の痛みは相変わらず。
それでもやっぱりどうしても
行きたいフォレストってなわけで
渋滞のないすいすいの京葉道路を一路フォレストへ。

到着後14時の騎乗まで時間があったのでクラブハウスでお昼を食べて
いざ出陣、と歩き出したらあれれ・・・やっぱりふらつく(汗)。

13時からDDに騎乗されているF御夫妻の騎乗を遠目に見つめながらも
内心今日は見学だけにして彼の騎乗を見て勉強しようかなぁ〜などと
頭の中でぐるんぐるんしていたところ・・・
なんと今日は彼がクロチェットに騎乗とのこと(驚)。

ということは、もしかして、DD独り占め?
これはもう絶対乗ります、乗らせてくださいっっっ(笑)。

体調の悪さは何処へやらとばかりに昨日同様乗る気満々。
単純かなぁ・・・自分:-)。

U先生の指導の下、DDと共に常歩を始める。
とやっぱりどうしても昨日同様、内へ、内へと歩かれてしまふ。
脚の使い方をいまいちちゃんと把握していなかったこともあって
常歩をしながらU先生に内方脚の使い方を教えてもらうことに。

そこで私は大きな勘違いをしていたことを知りました(汗)。

内側の脚を入れる際
思いきり反動を利用してDDのお腹に脚を入れていたけれど
実はそうではなくて・・・
脹脛をDDのお腹にあてたまま
DDのお腹の動きを脹脛で感じながら
その動きに合わせて脹脛でぎゅぅ〜とお腹の部分を押す

とのこと。

脹脛をDDのお腹に密着させたまま動きを意識してみたら
ほんとだっっっ
歩くたびにお腹の部分が膨らんだり凹んだりするのがよく分かる。
この凹んだ時に脚をきゅ〜っと入れれば・・・
それも決して微弱な入れ方ではなく
昨日先生に教わったくらいの強さで。

うぅぅぅぅ〜っ、目から鱗です、うん。

一歩一歩少しずついろんなことが分かってきて
ひとつ吸収する毎にますます
DDとの一体感も増すようでものすごく嬉しい。

昨日に引き続き、今日も充実した騎乗で体調悪くとも幸せ也。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
12鞍・ダイヤモンドダスト
今日はまさにフォレストマジック炸裂(驚)。

昨日の夕方からどうにも節々が痛くて熱っぽくて風邪っぽく
夜中にも大汗かいて起きてしまうほど危ない体調(涙)。
朝起きても風邪っぽさが抜けきらないまま・・・

でも家にいて養生するより行きたい、乗りたい気持ちが勝り
最悪、彼の騎乗を見ているだけでもいいかなぁ〜
と思いながらもキュロット着込んで車に乗り込む。

そしたら案の定フォレストに着いた途端
心身共に乗る気満々(笑)。
これぞまさにフォレストの持つ
癒しの効果とばかりにしっかり騎乗;-)。

騎乗中やっぱりどうしても
内側へ、内側へとDDに行かれてしまい
未だに上手く内方脚が使えていない私なのだけれど
先生にこのくらいの強さで脚を使うようにと示された強さは
普段自分が使っている脚の強さの10倍ほどもあって驚く・・・
う〜ん、脹脛をもっと鍛えないと駄目かなぁ?などと思ったり。

ましてや彼が録ってくれた軽速歩時の動画を見てみたら
あまりにもへっぴり腰になっていて・・・しゅん。
何か一点に気持ちが集中すると
すぐさま他の部分が疎かになってしまふ(汗)。

それでもこんなにも恐怖感なく
精神的にリラックスして乗れるようになり
体調の悪さも吹き飛ぶほどに騎乗が楽しめるというのは
まさに乗馬の、そしてフォレストの醍醐味&素晴らしさ也。

騎乗後、お昼を食べた後にものんびりゆったり過ごしながら
今日は久しぶりにEoskissでプチ真剣に写真を撮ってみた。
花や緑、馬や犬、猫・・・
元来自分が撮り続けていた被写体がそこかしこに存在していて
ここ数日鬱積していた撮りたい欲も発散出来ていと嬉し。

明日ももちろん騎乗故
今日の反省点を心しつつも頑張る也、うん。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
11鞍・ダイヤモンドダスト
うわぁ、頭の中が真っ白・・・な今日の騎乗(汗)。

先生の指示のもといつも通り常歩、速歩、軽速歩を続けたあと
突然初めてフリーの状態に(汗)。
もちろん先生はしっかり見守り続けてくださっているけれど
自分の意志で今まで教わってきた常歩、速歩、軽速歩
そして方向転換を組み入れながら
自由にDDと馬場を周回するとは(驚)。

いやぁ・・・頭の中がそりゃあもう真っ白(汗)。

身体で感じる、というよりも
頭の中であれこれ考えすぎちゃって
気がつけばDDはどんどん馬場の中央に寄ってきちゃうし(汗)
自分の姿勢や脚、拳にも全然集中出来なくなっちゃってるし(汗々)
最終的には自分が何をしたいのか
何をしようとしているのかすら
まったく分からなくなっちゃったりして(汗々)。

騎乗が終了してDDから下馬したら
足がふらふら〜っでした(笑)。

騎乗後DDのお手入れをしたり
会員さん達の騎乗を見学しながら
あらためて今日の騎乗から得たものが
理解出来たような気がする。

それは・・・

決して自分の指示でDDがきちんと反応しているわけではなく
先生の指示の助けを借りてこそ
スムーズに速歩が出せていたり
ラチ沿いに周回してくれているのだと・・・
ってそれじゃあ駄目ですね(汗)。

長年培われた我が性格を振り返り分析すると
どうやら言われたことに対してはそれなりに対処するのだけれど
自ら積極的に、率先的に何かをするとか、出来るとか
そういう自発的な能力が
どうにも欠けているように思ったりもして(汗)。

騎乗以前にこの性格が災いしているとなれば
ある意味ゆくゆくは我が性格の改善にも
繋がる好機会かもしれませぬ(笑)。

いつの日か自分できちんと指示が出せるようになったら
今以上にもっとも〜っと乗る楽しみが膨らむような気がします。
もちろん今でも充分過ぎるくらいに楽しい騎乗なのだけど(笑)。

またまた今宵の楽しい宴にも参加出来て彼共々感謝・感激。
「楽しかったね〜」などとあれこれ語らいながら高速を走っていたら
途中の料金所にてOくん&N女史の車が隣に見えて思わずびっくり。
手を振ってくださってる姿、しっかり見えましたよぉ〜(嬉)。

追記
あれあれなんだか今日の日記は(汗)がいっぱい・・・?
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
10鞍・軽乗・クロチェット
いつかはやってみたい
でもいざやるとなるとかなりドキドキ・・・の軽乗

DDの騎乗では1鞍めからバランスレッスンとして
鐙を脱いで馬上体操などを指導してもらっていたけれど
それは鞍があっての騎乗。
鞍の無い馬に乗るのは初体験。
それだけでもめちゃくちゃ緊張しちゃいます。



Iちゃんや彼の騎乗を見ていて
背筋がピンっとしていて綺麗だなぁ・・・と思いつつ
いざ自分の番となるとそっくり返ってしまって
背筋の伸ばし方が難しい。
U先生から丁寧に背筋の伸ばし方の指導を受けつつ
常歩には慣れてきた頃ついに速歩。

もうびっくりです(汗)。

見ているだけの時は普通の速歩に感じていたけれど
いざ乗ってみると全然速いっっっ、速すぎるっっっ。
気を抜くとクロちゃんの背からずり落ちてしまいそうになるから
両腕に力を入れてホルダーにしがみつくも
それでも腰が浮く浮く(汗)。

この状況で両手を離して騎乗していたIちゃんは
ほんと凄いです(尊敬)。
以前U先生の軽乗を見学した時などは
速歩中左右の足を移動させていたから
ますます凄くてびっくりです。

15分の騎乗時間だというのに
その実ものすごく長く感じて充実した内容。
フォレスト10鞍めの記念?騎乗が軽乗だったから
20鞍めも軽乗がしたいね、などと語り合う私達(笑)。

この日もまたまた遅くまで
お酒とおつまみ&U先生の美味しいリゾッチャと
先生や会員さん達の目から鱗な話題の尽きない夜に・・・(嬉)。
いつもながらの感動多き、学び多き1日となりました(感謝)。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
9鞍・ダイヤモンドダスト
昨日はフォレストにいたにも関わらず騎乗は出来なかったので
朝から馬に乗りたくて、乗りたくて、うずうず(笑)。
会員さんでいっぱいの賑やかな昨日とは雰囲気も変わり
いつも同様のんびりとした時間の流れる中9鞍めを騎乗。

新緑の木々を眺めながら
爽やかな風を感じながら
DDの温かさと揺れに身を任せながら
先生の適所的確な指導を耳や心で受け止めながらの
常歩、速歩がとても気持ちいい・・・

騎乗中、DDが何度かくしゃみをしたのには思わずびっくり。
おそらくフォレストに来る前の私なら
またまた空を飛んでいたことでしょう(笑)。
でも今の自分ならだいじょうぶ。
そう思えるくらいに冷静に受け止められた
今の自分にもびっくり(笑)。
(DDがくしゃみを連発した後
朝から続いていた猛烈な私の花粉症が
ピタッと止まったことにも少なからずびっくり(マジ))

そして途中からは短鞭を持ち
初めてDDにあててみる。
まだまだ心の中で「ごめんね」と思ってしまう
我が気弱さだけれど
決して痛みを与えるのではなく
合図・指示だという先生の言葉を信じて
次の騎乗の時にも持つことがあれば
しっかり合図が出せるといいなぁ・・・

ラスト間近に先生の合図によって
DDの速歩のテンポが速くなった途端に
軽速歩がそれまで以上に楽に感じたのも今日の感動のひとつ。
ふわふわっと浮いちゃうような気持ちのいい感覚。
これが自分で出せたらいいのでしょうけれど・・・
まだまだ、です、うぅむ(汗)。

今日はお昼を食べた後、午後から2鞍めを騎乗することに(嬉)。
ましてやフォレスト初、DD以外の馬
クロチェットで軽乗ということで
どきどきわくわくしながらもその時を待つ私達なのでした。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
8鞍・ダイヤモンドダスト
朝4時起床・・・
高速道路を走る車の音で目覚める我が家の朝とは違って
鳥や蛙の鳴き声
そして澄んだ空気で目覚める静かで爽やかな朝。

普段は声をかけてもなかなか起きない彼が
珍しく5時には起床してくる(驚)。
メイちゃんやチェリちゃんと遊びながら
のんびり気持ちのいい朝を過ごす。
(メイちゃんのお散歩はDD以上に腕力が必要だったなぁ(汗))

美味しい朝ご飯をいただいたあとは
これまた楽しみのひとつ「厩舎掃除」
これがやりたかったんです、ずぅ〜っと。
一緒に泊まったN先輩に教えてもらいながら
そして一緒に厩舎を掃除してくれた
樹里ちゃんにも助けてもらいながら
なんとか3馬房のお掃除を終了。
はるみく茶々のトイレを掃除するのとは
規模が違いすぎるけれどなんとなく似ているなぁ・・・
なんて変な感想を抱いたりもして(笑)。

その後は予定が早まり朝一でDDに騎乗。
初めてU先生(奥様)の指導を受けることに。

マンツーマンで指導していただけることはもちろんのこと
私達がFHPを気に入っている理由のひとつに
御夫婦で経営されている、ということもある。
(他にもいっぱい、たくさん、あるけれど(笑))
何故かというと、それは指導の統一性

ビジターでうろうろしていた頃
同じクラブでも担当の人が変わると
指示、指導が変わることがあり
超初心者の私達にとっては
「どれが(どっちが)正しいのか?」と
頭を悩ませることが何度かあった。
教える側の人数が多ければ多いだけ
それぞれの意見、思いもあるだろうし
そういう個人的な見解に惑わされてしまうのは正直困っていた。

でも先生とU先生の指導は
要所、要所で的確な指示をいただける先生と
たくさんの言葉で細かく指示をしていただけるU先生
指導方法は個々であれど
内容はぴったり一致していて感激してしまうのだ。

「これだよなぁ・・・やっぱり」

なんて妙に納得、感動しながらも
気持ちのいい8鞍めを騎乗(嬉)。

騎乗後のDDのお手入れも
まだまだ教えてもらいながらだけれど
段々と慣れてきてものすごく楽しい。
DDに手を触れて、温かさを感じているだけでも
幸せなのだもの(笑)。

さすがに今日は3連休出ずっぱりの日々の心地良い疲労感もあるし
家で待ってるはるみく茶々の3にゃんも気になっていたので
お昼には大好きなFHPをあとにすることに・・・

今週の金・土は宝馬(最初に通っていたO(汗))にて競技会がある。
金曜日は彼の仕事があるので行けるかどうかまだ分からないけれど(涙)
土曜日は早朝から宝馬に向かい、カメラを手に応援予定♪
自分が出るわけでもないのにどきどきしちゃってるからまいります(汗)。
初生競技会見学応援、今から楽しみなのでした:-)。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)
7鞍・ダイヤモンドダスト
待望の騎乗&BBQ&お泊まりDay。

午後からの騎乗だからのんびり・・・と思っていたら
ネットの交通情報では既に渋滞の赤い線がずらずらずら〜っと(汗)。
なので2時間前に出発でなんとか無事到着。
これからの季節はやっぱりこのくらい余裕もたないと、
なのかなぁ・・・

騎乗のほうは最初から調馬索無しで常歩から。
自分でもびっくりするほどまったく怖さを感じない。
時々かくんっとなったりしても
妙に冷静に「躓いたのかな?」と思えるから不思議(嬉)。

軽速歩ではまだまだ脚が流れるし
拳もあがってきてしまうけれど
「怖い」という気持ちが綺麗さっぱり消えたのはものすごい進歩。

あとはひとつひとつ先生の教えに忠実に従いながら
馬の動きにどんどん慣れていくのが楽しみだったりする。

ちなみに彼はこの日初めて調馬索を使って駈歩を体験。
見ている私まで緊張したりして(笑)。

彼は着実にどんどん前へ進んでいます。
私は・・・
一歩一歩ゆっくり進んでいきます、うん:-)。

騎乗後、クラブハウスで天皇賞を見ながらBBQの野菜の準備。
そして17時からは待望のBBQ初参加。
青空の下で飲むお酒、食べる料理はほんとうに美味しい(幸)。
楽しい時間を過ごせることに心の底から感謝しつつ
FHPの夜は急ピッチで暮れてゆく。

その後もクラブハウスに場所を移して
飲んだり、喋ったり楽しい時間。
映里ちゃんと一緒に入ったお風呂も楽しかったなぁ(笑)。
そして彼&ゆうゆと一緒に寝た夜も・・・
って彼のイビキとゆうゆの可愛い寝言で
朝方4時にはしっかり目覚めた私だけれど(爆)。
騎乗記録2003.5月 | comments(0) | trackbacks(0)