1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on November 2017
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
21鞍・ダイヤモンドダスト
土曜日は梅雨ならではの本格的な雨のため
泣く泣く騎乗を断念(涙)。
でもその分今日は
真夏を思わせる蒸し暑さにも挫けずに乗る気満々。

毎度のことながら
そしていつものことながら、だけれど
先生&DDに感謝、感謝の騎乗となった21鞍め。

常歩のあとの速歩、軽速歩では
我が未熟ささながらのいつもののんびり速歩、軽速歩ではなく
先生の舌鼓(ぜっこ)や合図に反応するDDの
勢いのある、スピードのある速歩、軽速歩を体感(嬉)。

先週調馬索で経験したものすごく速い速歩に近い感覚の速歩を
今日は調馬索無しで体感している自分自身に驚きながらも
ただただ遅れないように
バランスを保ちつつついていくのがようやっと(汗)。
でも額から流れて落ちる汗が気にならないくらいに
集中し、気持ち良さを感じられていと嬉し:-)。

そしてついに先週同様調馬索による2度めの駈歩
先週は駈歩に繋がる速歩のあまりの速さにびっくりしまくり、
ましてや初めての経験でサドルホルダーにしがみついてたせいか
次の日軽乗経験時以上の猛烈な筋肉痛で
バンテリンの御世話になったり
駈歩がなかなか続かなくてどうしたものかなぁ・・・
と悩んだりの騎乗内容だったけれど
駈歩体験の2鞍めは先生の合図によって
すんなりとDDが駈歩を始めてくれて
かなりの長時間駈歩でまわることが出来た(嬉)。

先生にまわしてもらいながら故に駈歩中冷静に感じていたのは
とにかく私の鞍つきがめちゃくちゃ悪くて
DDの背中に何度もお尻をあててしまうことに(汗)。
そのたびに
「DD、背中が痛くないかなぁ・・・」
と気になってしまった(謝)。

その分騎乗終了後、懺悔の気持ちを思う存分込めつつも
丸洗いで丁寧にDDのお手入れしたのでありました。

今はまだ先生曰くの
「速さに慣れる」ということが私の課題であって
ひとつをクリア(自分なりに(汗))出来てから
またもうひとつの課題というように
階段を登るべく一歩一歩学んでいけることが
とてつもなく嬉しい。

美味しいお料理を作るにしても
適当に作れど美味しいものが作れるのは
センスや才能のある人であって(羨)。
私のように実家を出るまで料理をほとんどしたこともなく
そのセンスたるや?な人間にとっては
手順や分量を守ることはとても大切。
調味料の入れる順番を間違えたり
火加減、分量を少し間違えただけでも
う〜ん・・・というお味の料理が完成してしまう(汗)。

乗馬はもちろん
お料理も上手なU先生やN女史のご馳走&夜の宴に
毎度のことながら感謝の気持ちでいっぱいながらも
私はお料理同様乗馬も一歩一歩確実に
と心に誓う日曜日でありました。
騎乗記録2003.6月 | comments(0) | trackbacks(0)
20鞍・ダイヤモンドダスト
フォレスト騎乗20鞍めにして
調馬索による駈歩初体験(嬉)。

彼はかなり前に調馬索による駈歩を経験していて
すごく気持ちいいよ〜
という感想を何度も聞いていたのだけれど
まだまだ私はそんなレベルではなく(汗)
常歩と速歩がもっときちんと出来るようにならなくちゃ・・・
と思っていた矢先の駈歩初体験だっただけに感動もひとしお。

先生の合図でどんどん速歩が速くなっていくDD。
今まで経験したこともないような超高速な速歩にびっくりしつつ
サドルホルダーをしっか、と掴みながら
心の中ではジェットコースターみたいだぁ〜
なんてわくわくだったりして♪
(閉所はダメだけど高所やスピードは大好きな自分故(笑))

先生の指示通り、脚で何度か駈歩の合図を出したのだけれど
なかなか駈歩にならないなぁ・・・と思っていたら突然
身体がふわ〜っと浮いて
突然速度がゆっくりになったような錯覚に陥る。

これが、駈歩、なんですね(感動)。
ほんとうにほんとうに気持ちいいです、うん。

いつかはこんなふうに気持ちのいい駈歩が
自分で出せるようになるのかな?
今はまだ到底想像すら出来ないことだけれど
数ヶ月前の自分は馬に乗ることに憧れはあれど
まさか乗るなんてことを現実的には考えられなかったこと。
それが今ではこんなにも気持ちよく
馬の背に乗ることが出来ている。
う〜ん、すごいです・・・ほんとうに。

真夏を思わせるほどの暑さの中の騎乗はいつもの如く感動で終了。

今日はフォレストにて記念すべき20鞍め。
今まで学んできたことをあれこれ思い返してみる。

●調馬索によるバランスレッスン
●騎座を安定させる
●姿勢を真っ直ぐに、腰・胸を張る、肩の力は抜く
●拳の安定
●脚の位置、踵を下ろす、鐙の踏み方(後ろに踏みしめるように)
●脹脛で馬の動きを常に感じる
●埒のない部分は外方脚で壁を作るように
●馬の頭を真っ直ぐに向ける
(馬の鬣が自分と真っ直ぐになるように)
●軽速歩で手前を合わせる
(馬の外方の肩が上がった時腰を浮かせる)
●左手前、右手前での方向変換時拳・脚・騎座に注意
etc、etc...そして
●軽上レッスン・・・姿勢、鞍付き、上半身の力を抜く加減

他にもまだまだたくさん指導してもらっているけれど
今すっと頭に浮かぶのは
こんなにもたくさんの乗馬・馬場馬術をする上での
基本中の基本

とても充実度高き20鞍の内容だと感慨深き私なのでした。

騎乗記録2003.6月 | comments(2) | trackbacks(0)
19鞍・ダイヤモンドダスト
昨日はなんと30度の夏日だったということでかなり驚き。
どおりでDDの騎乗終了後、ふらふら〜っとしていたわけだ。
夏の騎乗は夏時間になることの重要性を
身をもって体感したような?

でもって今日は睡眠時間が3時間だったため
果して乗れるかどうか不安があったりしたのだけれど
(それでもフォレストには行きたい私達(笑))
比較的涼しく気持ちのいい気候なせいか
着いてしまえば一気に元気に(嬉)。

今日のDDは昨日と一転して、別の馬かと思うほどに元気一杯。
奥の馬場にてとにかく真っ直ぐ走らせることに集中する。
けれども埒のない直線の部分になるとどうしてもよれてしまう。
先生の外方脚で壁を作るように・・・という言葉がズシズシ胸に響く。
苦手な左手前では何度も逃げられてしまって
その都度慌ててしまう私は右手の拳が思いきりあがってしまう。

ましてや一度思いきり長鞭がはいってしまって
あわや駈歩?と思うくらいに勢いのある速歩が出てびっくり。
でもそんな状況でも先生の指示の声が聞こえてくるだけで安心して
落ち着いて対処出来るようになっている自分にもかなりびっくり。
フォレストに来る前の自分なら確実に、100%落ちてます・・・
って変なところには自信があったりするのだけれど(笑)。

最初から最後まで元気に走り続けてくれたDDに感謝しつつ
昨日よりずっと気持ちよく、冷静に乗れたことがものすごく嬉しい:-)。
騎乗記録2003.6月 | comments(0) | trackbacks(0)
18鞍・ダイヤモンドダスト
もわもわ〜っと蒸し暑く
じっとしているだけで汗ばむ朝。
フォレストに着くと自宅近辺よりは
いくらか空気が澄んで感じたけれど
騎乗する前からすでに額に汗がたら〜っと・・・
決して体調は悪くないのに
あまりの湿気に頭がぼ〜っとしてくる。

いつものようにDDを馬房から洗い場まで連れていき
裏掘り、ブラッシング、そして馬装の準備をしているだけで
もう騎乗したの?と思えるほどに全身汗びっしょり(驚)。

先生指導の下、初めてMy長鞭を持ち騎乗。

持ち方を教わり常歩を始めるも
今まで使っていた短鞭とのあまりの違いに
鞭の位置がうろうろしてしまってなかなか定まらない。

速歩、軽速歩になるとますます頭で考えることが多くなってしまい
(頭で考えるよりも、先生曰くの感じるが大切なのに)
+何かに気持ちが向くと他の何かが疎かになる性格が災いしてか
拳は上がるは、脚は流れるは、DDの首は左に向くは・・・
どうにも駄目駄目な騎乗に(汗)。

ましてや騎乗中たらたら流れ落ちてくる汗が気になって仕方なく
それだけ集中出来ていないってことに情けなくなる。
でも何度かほんの数回軽速歩で
気持ちいいぞっという瞬間があったりして
その瞬間を感じられる喜びが
それまでのとほほな気持ちを一掃してくれるから
乗馬ってほんとに素敵です:-)。
騎乗記録2003.6月 | comments(0) | trackbacks(0)
17鞍・ダイヤモンドダスト
今日は午後からの騎乗なので
午前中は競馬に勤しみゆっくり家を出る。
穴川方面に向かう渋滞を横目にすいすいっと富里へ・・・
花粉症終了(のはず)後も続く鼻炎(涙)に
箱ティッシュ持参でFHP到着。

そして今日は先生マジック無しで
DDに騎乗ということで一抹の不安・・・
を感じていたら案の定、やっぱりとほほな騎乗に(汗)。

なんだか、どうしても、
軽速歩で手前を合わせるリズムが掴めなくて
たま〜に合うけど、ほとんどズレてしまってる。
そのことに意識しすぎると他の部分に神経がいかなくなっちゃって
なんだかヘンテコな騎乗になっているような・・・気がする。

それでも先生の指導の声が
耳に心に響いている時は安心なのだけれど
終了間際久しぶりに
今まで教わってきたことを自分なりに取り入れて
先生の見守る中フリーで騎乗という指示が出た途端
またまた前回のフリー時同様頭の中が真っ白状態に(汗)。

右手前の時は比較的スムーズに曲がってくれるのだけれど
左手前の時に自分のバランスが悪いせいか
何度も逃げられてしまったので
その練習をしようと試みたけど
やっぱり何度も逃げられてしまったし(汗×2)。
ましてや一番がっくりきたのは・・・
騎乗終了後先生から
常歩で5周ほどまわってから下馬と言われたのに
先生が馬場から離れていくともう終わりだとDDが認識したのか
1周めからどんどんと内側に入ってきてしまうDD(涙)。
前回のように負けないぞ
とばかりに内方脚を必死に使ったのだけれど
あっけなく2周目で私のほうが降参して
下馬してしまいました・・・とほほ。

頭いいよなぁ、DD;-P。
騎乗記録2003.6月 | comments(0) | trackbacks(0)
16鞍・ダイヤモンドダスト
ろそろ朝起きるとムシムシっとした気候になりつつあり・・・
案の定、今日の騎乗後は全身汗びっしょり。
運動したなぁ〜という快感と
先週末同様速度あるDDの走りのおかげで
またまた今日もものすごく気持ちのいい騎乗となる(感謝)。

今日は騎乗前、思いきり眠そうなDDだったのだけれど
最初に先生が下乗りで先生マジックをかけてくれたおかげで
常歩の時から内にもたれることなく
比較的真っ直ぐ歩いてくれる(嬉)。

初めて奥の森に近い馬場を歩けたのも感激(嬉×2)。
そして初めて経点を利用して手前転換したのにも感激(嬉×3)。
速歩の時も先週の日曜日同様
ほんの少し気を抜いてバランスを崩すと
ぽ〜んと飛んでっちゃいそうなほどに感じられたことに対して
決して「怖い」ではなくて
「気持ちいい」と感じられたことにも感激(嬉×4)。
と、感激や嬉しいことばかりが心の中で誇大しているけれど(笑)。

軽速歩の時に脚が前に流れてしまうため
もっと脚を後ろ側に踏みしめるようにすることを
先生に指導してもらったり
同じく軽速歩の時手前の動きに合わせて腰を浮かすことが出来なくて
頭の中が一瞬ぐるぐるんっとなったりもした(汗)。

でもこのぐるぐるんっが次へのステップに繋がるということで・・・
あくまでも前向きに(笑)。
一歩一歩ひとつずつじっくり理解していければ、と思ったり:-)。
騎乗記録2003.6月 | comments(0) | trackbacks(0)
15鞍・ダイヤモンドダスト
前日、そして朝の雨のせいで
馬場のそこかしこに水たまりが・・・
それでも足下を気にすることなく
今まで感じたことのないくらいに
ものすごい速さの速歩で馬場を走ってくれるDD。

彼が前に速歩よりも軽速歩のほうが楽だよ
と言っていたことがあって
私にとってはよいしょ、よいしょと腰をあげる軽速歩よりも
座ったままの速歩のほうが楽だけれどなぁ・・・と思っていたのに
今日は速歩だと腰がぽんぽん突き上げられちゃって
バランスを保つのが必死な状態(汗)。

寧ろDDの背の反動にお尻を持ち上げられる感覚で
軽速歩を続けていたほうがラクだし
気持ちいいとまで感じたほど(驚)。

常歩も先週U先生に教えてもらった
脹脛で伝える指示を一生懸命維持しつつ
騎座にも出来るだけ意識を集中させていたら
内側にもたれることなく
自然と?埒沿いを歩いてくれて感動もひとしお。

なんだかほんとうにものすご〜く気持ちのいい15鞍めでした。
(この感覚が果して次にも発揮されるか否かが問題なのですが(笑))

騎乗後DDのお手入れをしていて
顔を濡れタオルでゴシゴシ拭いてたら
大きなあくびを3連発(笑)。
もうめちゃくちゃ可愛くて愛おしくてたまらないっ。
騎乗ももちろんなのだけれど、
このお手入れの時間も私にとっては癒しの、至福の時間。
そして実は何気に
ボロ拾いも大好きだったりするのでした(笑)。
騎乗記録2003.6月 | comments(0) | trackbacks(0)