1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on July 2017
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
37鞍・ダイヤモンドダスト
今日も昨日同様涼しい気候でお天気も良く乗馬日和(嬉)。
ところが・・・
たま〜に突然襲われる原因不明の強烈な鼻炎が朝から勃発(涙)。
鼻用柔らかティッシュ持参でお昼過ぎにはフォレストへ・・・

夕方の騎乗までには時間があるため馬場にてのんびり過ごしたり
先生によるセレフィーユの馴致・調教の様子を見守ったり
Oくん&エルや彼&クロちゃんの騎乗をビデオに録画したりして
鼻をかみかみ午後の時間を過ごしてからいざDDの馬装、騎乗。

騎乗時U先生に脚の位置を正してもらって再確認。
やっぱり自分で維持している位置よりずっと脚の位置が後ろで・・・
あらためて自分の脚や姿勢に意識して乗ることの大切さを教わる。

手前の馬場にて常歩でまわり始めると
昨日同様右手前で内にささるDD。
何度周回を重ねても内回りをされてしまう(涙)。
埒のところで見ていたOくん曰く
最初に我が侭を許してしまったのでは・・・?
はい、その通りです(汗)。
今日だけでなく、昨日も・・・(汗×2)。
次回の騎乗時は絶対に逃げられないように心して騎乗せねば;-P。

その後軽速歩、速歩を続けつつ
脚の扶助でなんとかまわれるようになったころ
先生の指導の下奥の馬場にて
経路を使っての手前変換を速歩にて練習。

正面の埒に馬の頭を持っていくくらいの気持ちで前進すること
自分の体をきちんと真っ直ぐにしておくこと
鞭をしっかりDDに伝わるように使うこと
などなど先生の指導、そして昨日の反省点を胸に猛特訓(笑)。

その後は常歩、停止、そして速歩・・・を繰り返し
中央線を使ってX(真ん真ん中)にて停止の練習。

経路を使って速歩を続けるとDDの動きにもどんどん慣れてくる(嬉)。
まだまだ全然鞍に座りきれていないけれど
それでも最初の頃よりはずっとずぅ〜っと
自分の腰が鞍についているように感じられる。
こうやってたくさん乗り続けていくことでいつの日か
鞍に吸い付くような感覚が得られる日が来るのかなぁ〜
そしてそうすれば今よりずっと
DDとの一体感を得ることが出来るのかなぁ〜
と期待& 願いつつの37鞍めなのでした☆
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
36鞍・ダイヤモンドダスト
今日は朝7時からの騎乗予定なので
いちおう5時30分に目覚ましをセットしたけれど
朝4時にスタートする末續選手の200M決勝が気になって仕方なく
結局自然と3時50分に目が覚めてしまいました(笑)。

まだ外は真っ暗な早朝から
末續選手の銅メダル獲得にめちゃくちゃ感動しつつも
曇り空のせいだけではなく
夏の終わりを感じさせるような涼しさの中
少しずつ明けてきた空の下一路フォレストへ・・・

馬場に出てまずはいつもののんびり常歩。
今日は常歩の時に鐙を脱いで、足を真下に下ろしてみた。
すると股関節がミリミリっとして若干痛い・・・
やっぱり普段脚がきちんと下がっていないことを
痛感してしまう(反省)。

再び鐙を履いてから軽速歩、速歩を始めると
苦手ではないはずの右手前で
何故か内側にどんどんささろうとしてしまうDD。
何度まわってもどうしても小さい円になってしまう(涙)。
内側の脚を強めに入れて外側をまわるようになんとかしたけれど
少し脚を緩めるとすぐにまた内側にささろうとしてしまう(涙×2)。
どうしたものかなぁ・・・と悩んでいたところで
奥の馬場に移動との先生の指示に実は内心ほっとする自分。
↑ほんとうはこれで安心してはいけないのですよね・・・(再び反省)。

速歩にて経路を使って手前変換の猛特訓。
F点-H点、M点-K点にてきちんと手前を変えられるように
隅角まで丁寧にきっちり進むことを先生に指導され
何度も繰り返し練習をする(なかなかきっちり進むことが出来ず(汗))。
そして次は同じく速歩にてE点、B点できちんと曲がれるように
数歩手前でDDを曲がる方向に扶助することを繰り返し何度も練習。
途中速度が遅くなるたびに鞭を入れるように指導されるも
自分では入れているつもりだったというのに
実は鞭が入っていなかったらしいことを
騎乗後彼から指摘されてしまった(汗)。

いつもながらの汗々な騎乗だったけれど
経路を使っての練習は目にする目標(経点)が定まっているため
自分的にはとても騎乗しやすいような気がする。
自分のそんな気持ちがDDにも伝わっているのか・・・は謎だけれど
手前の馬場の時よりも奥の馬場での練習のほうが
DDの動きや歩樣も良いように思えるのは強ち勘違いではないような?

一鞍一鞍注意点・反省点がどんどんと見つかり(笑)
その反省点を克服するべく出来るだけ丁寧に騎乗を重ねるたびに
DDとの一体感も増しているように思えて幸せな気持ちになれる
そんな36鞍めなのでありました:-)。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
35鞍・ダイヤモンドダスト
今日は午後からの騎乗なのでのんびりな午前中・・・
とはいかず(笑)。
昨日の汗だくな騎乗で
あまりにも邪魔に感じた髪の毛を切りたくて
突発的に前日予約を入れた賢ちゃんの美容室に向かう私達♪
気心知れた賢ちゃん(友達の弟さん(笑))に
髪をスッキリさせてもらってから、いざフォレストへ。

今日は彼と馬場にほぼ同時に出たため実はかなり緊張(汗)。
こちらのことはお構いなしに
悠然と常歩を始めるクロちゃんのあとを
勝手についていこうとするDDを抑えることにただただ必死で
自分の騎乗にまったく集中出来ない私(涙)。

昨日U先生に教わったことを試してみようと奥の馬場へ。
すると、クロちゃん&彼も奥の馬場にいるので
慌てて手前の馬場に変更したり・・・
初心者ふたりのほぼフリーな状態の馬場は正直言って汗々です(笑)。

なんとかクロちゃんに向かうDDを誘導出来るようになり
奥の馬場に落ち着くことが出来てやっとこさ
昨日教わった20mの輪乗りや
停止から速歩への移行
を試してみることに。

輪乗りはとにかく輪が小さめになってしまって
なかなかB点、E点まで辿り着けない(涙)。
移行のほうは何度か繰り返しているうちに
DDのほうが理解してくれるのか?
比較的スムーズに移行してくれているような気がするのですが・・・

先日Oくんが録ってくれた自分の騎乗ビデオを何回も見返していて
自分では全然怖がらずに騎乗していると信じきっていたというのに
ビデオで見た自分は拳が揺れているわ、上がっているわで
端から見るとおっかなびっくり乗っているよう見えて
あまりにも衝撃を受けてしまった私。
今日の騎乗もOくんが録ってくれていたのだけれど(感謝)
あとで見たらきっと自分で思ってるよりずっと
ダメダメなんだろうなぁ(汗)。
でも自分の騎乗をビデオで見るとほんとうに勉強になります。
前回も、そして今回も
指導してくれている先生の傍から録ってくれていたので
先生の指導の声もはっきり入っているためとても助かります:-)。

あまりの暑さに午後5時頃から騎乗したので終了時には一面まっ暗。
大量の蚊と闘いながら(笑)DDのお手入れをしてから
夜はフォレストお泊まりのTさん御家族や会員さん達と大人数で
2階にてカレーやN女史お手製の美味しいおつまみをいただきながら
ほんのり酔いつつもわいわいがやがやと
楽しい時間を過ごしたのでありました(幸)。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
34鞍・ダイヤモンドダスト
朝7時からの騎乗なので4時30分起き、6時には家を出るも
快晴の夏日和なせいか京葉道路は流れてはいてもプチ渋滞(汗)。
それでも遅れることなくどうにか無事フォレスト着(ほっ)。

朝の馬房掃除をDDのところだけ少しお手伝いしていたら
あっという間に全身汗だくという強烈な暑さにびっくり(驚)。
先に馬場に出ている彼の初キャバレッティを見学してから
DDの馬装を始めて馬場へ。

まずは手前の馬場にてのんびり常歩、軽速歩、速歩
いつもは左手前が苦手だというのに
何故か今日は右手前の指示に反抗するDD。

最初が肝心・・・
という先週の教訓で必死に指示を通すよう努力したつもりだけれど
何度か逃げられちゃったなぁ(反省)。

その後U先生の指導のもと、奥の馬場にて経路を使って手前変換
そして初めて20mの輪乗りを試してみる。

B点から入る時はE点をめざして円を描くように
E点から入る時はB点を目指して円を描くように

U先生からの指導を受けて 何度か試してみるも
どうにも歪んだ円になっているような?
たくさん練習して慣れていかないとどうにも難しいです、ふぅ。

次は5歩程度常歩をしてから速歩、停止
そして停止した状態から速歩を出す練習を繰り返す。

最初のうちは停止から数歩常歩になってしまっていたけれど
何度か繰り返すうちにほんの少しの脚の扶助で
速歩が出るようになる(嬉)。

最後はU先生がDDに乗り変わり
馬場を駈歩でまわった後、調馬索にて久しぶりの駈歩(嬉)。
今日は今までのように軽速歩から駈歩への移行ではなくて
常歩から一気に駈歩を出す練習。

U先生の合図で内方脚を思い切り入れるけれど
なかなか駈歩にならず(汗)。
それでも何回かぐんっと沈んだかと思うと
気持ちのいい駈足を満喫出来た(嬉)。

今日は新しい運動をいくつか練習することが出来て
充実感もひとしお・・・
こんなふうに新たな運動を少しずつ経験してチャレンジしていくと
ますますDDとの一体感も増していくようで
喜びも膨れ上がり、楽しさ倍増の34鞍めなのでありました:-)。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
33鞍・ダイヤモンドダスト
前夜からフォレストお泊まり(嬉)。
朝5時起床で馬達の飼いつけということで
目覚ましが鳴るとすっきり起きたKくん&私に相反し
遅れて起床の彼(笑)。

外はやっぱり今日も雨・・・
と言っても小雨程度だから乗れそうでひと安心。

フォレストママの美味しい朝ご飯をいただいてから
馬房掃除をほんの少しお手伝いした後、DDの馬装をはじめる。

馬場は連日の雨で当然のことながら水溜まりがそこかしこに・・・
いつもの如く常歩で馬場を周回してみると
大きめの水溜まりを避けるDDに何度も内回りをされてしまう(悩)。

U先生から内方脚を強く使うように指導されるも
どうにも上手くDDに伝えることが出来ずに若干凹み気味(汗)。

最初が肝心・・・
最初に相手(馬)の我が侭を許して、譲ってしまうと
これでいいんだ
と相手(馬)が理解してどんどん指示をきかなくってしまう
そう説明してくれるU先生の言葉を
今思いだしながらこうして書いていると
これってもしかして恋愛や人間関係にも
言えることかも?などと思ったり。

常歩で埒沿いをまわれるようになってから速歩、軽速歩で手前変換。
やっぱり何度か左手前で逃げられてしまったけれど
それでも以前よりはスムーズにまわれるようになっているよう・・・
これもまた何度も乗りながら体で覚えていくことが大切
いうことで、とにもかくにも一歩一歩なのです、うん。

U先生に自分の騎乗ビデオを見て凹んだ点の指導を仰ぎ
体をブロックのパーツとして捉えて
力を入れる部分・抜く部分の重要性
バランス良く乗れるようになることで
拳のふらつきも矯正されていく

と丁寧な指導をいただきながら33鞍めが終了。

相変らずお手入れの際顔を拭いていると必ず
何度も大あくびを繰り返すDDの仕草に心の底から癒されながら・・・
早朝の騎乗だったのにも関わらず
そのままフォレストに夜までいることに。
ほんとに馬、人、環境、フォレストのすべてが
大好きな私達なんだよなぁ(笑)。

その後コーチ養成講習会に出かけてしまう先生をお見送りして
Kくんのティンク下乗り(驚)やE御夫妻の騎乗を見学した後
お昼を食べて午後の騎乗まではさすがにちょっぴりお昼寝。
午後は初めてお嬢(エターナルハート)に乗るKくんやJさんの騎乗や
DD&N女史の騎乗を初見学などなど会員のみなさんの騎乗を
寝不足でぽけぽけ(笑)ながらも真剣に見てお勉強。

そして夜はN女史お手製のお料理を満喫堪能してから
待望の馬頭観音花火大会(デジカメ写真にUp)ということで
てくてくと徒歩で馬頭観音へ・・・

目の前で見る花火の美しさや
みんなでわいわい喋りながらの観賞ということで
体調も健やかに参加出来てまた、ひとつの自信が確立也(嬉)。
乗馬同様体調回復にも一歩一歩自信と感動を与えてくれる
フォレストの存在に感謝しながら
夜空に咲く花を見つめる私なのでした☆
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
32鞍・ダイヤモンドダスト
午後一番の騎乗で馬場に出るも
台風の影響で馬場の埒沿いに少し残る水溜まりを気にしてか
内側に入り気味になるDDを推しながら、奥の馬場までのんびり常歩。

前回U先生からアドバイスを受けたこともあり
先生からの指示を待つことなく
初めて自主的に速歩、軽速歩を始める。
(今までずっと先生の指示が出るまで常歩だった自分・・・
気づくのが遅くてごめんなさいっっっ)
苦手な左手前を試してみるも
比較的スムーズに手前を変えてくれるので一安心。

先生から自分で運動を組み立てて周回、の指示。
前回の騎乗後、彼から拳の位置が上にあがってると言われたので
そのことを意識して拳を下げるようにしつつ騎乗してみる。
何度かバランスバックの指示を先生から受けるも
意識すると体がゆらゆらと揺れまくってバランスを崩してしまいがち・・・
これも苦手な左手前や拳の揺れ同様、今後の自分の課題也。

その後奥の馬場で経路を利用しながら先生の指示のもと周回。
DDは奥の馬場だとのびのび走っているように感じるのは気のせい?
それ故に私も奥の馬場の方が走りやすく感じるから不思議也。

先生の指示通り何度も手前を変えて周回するも
凹むことなく自分的には前回よりスムーズに周回出来たような(嬉)。

前回は凹んでたせいかものすご〜く長く感じた騎乗時間だったけれど
今回はあっという間に感じてしまった気持ちの良い騎乗でありました。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
31鞍・ダイヤモンドダスト
今日は午後5時に騎乗予約を入れてあるも朝6時起床・・・
昨晩寝たのが午前3時だから3時間睡眠だよぉぉぉ(涙)。
でも気持ちはすでに早くフォレストへ行きたいモード(笑)。

午前中は久しぶりにグリーンチャンネルの競馬観戦。
これまで武さん&アンカツファンだった自分だけれど
先日藤田騎手が私と同じ病気だということを知って一転
函館で走る藤田騎手を1レースから応援することに(笑)。
ふたりして結構声出しちゃったりして
午前中からかなり疲れました(汗)。

お昼に出発すると京葉道路はガラガラスイスイで
午後2時前にはフォレスト到着。
昼休みでお休み中の先生達を起こさないようにと
馬房で休む馬達の写真を撮ったり、ボロ拾いをしたり。
でも・・・
あまりの暑さにあっという間に断念、涼しいクラブハウスへ(笑)。

午後3時にN女史が到着後、馬場にてセレフィーユの馴致が始まる。
先週よりずっとず〜っと成長しているセレに感動しながら
(詳細は乗馬日和→セレフィーユにて・・・)
泊まり込みの研修で3週間フォレストに来ているKくんの下乗り騎乗や
久しぶりに御一緒するY御夫妻の騎乗を真剣に見学。

そしていざ自分の騎乗の時間・・・
相変らず昨日同様アブの多い中馬装をしていざ馬場へ。
今日も奥の馬場にはエル&Yさん
手前の馬場にはマック&N女史、そしてDD&私の計3騎。

常歩で周回を始めるも
どんどんマックの後についていこうとするDD(汗)。
出来るだけ間隔を取って周回しようと
停止、常歩発進を繰り返してみるけれど
扶助が上手く伝わっていないような気がして焦り始める。

先生から常歩、速歩、軽速歩、停止
そして巻乗り
などを組み入れながら
自由に馬場を周回するよう指示が出る。

手前の馬場だけで周回させようとするも
手前で曲がらずにどんどん奥の馬場へと突き進むDD(汗)。

ど・・・どうして?

途中で左手前変換を試してみるけど案の定ダメダメ(涙)。
YさんやN女史の邪魔をしちゃってごめんなさいっっっ
と心の中でひたすら謝りながら
おふたりはベテランなので安心しつつ、凹みつつの散々な騎乗;-P。

正直言ってこの日の騎乗は凹み&頭の中がテンパっちゃってて
ほとんど覚えていないのです(汗)。
でもOくんが一部始終を先生の傍で録っていてくれたので
先生の丁寧かつ細かい指示も全部収録されているはずだから
ダビングしてもらうビデオをあとでひとりで見ては
反省&勉強することにします・・・はぁ。

全員の騎乗、お手入れ、馬具の片づけがすべて終了した夜7時頃には
もう一面まっ暗な夜の闇(フォレストに来て初めての経験(笑))。
今日の宴はこれまた初めて
2階のキッチンにて料理を作るN女史のお手伝いもどき。
(ビール飲みながら洗い物とお運び程度ですが(笑))
手際良く作るN女史の料理に惚れ惚れしながら、つまみ食いしながら(爆)
お料理完了後は下にてみんなでケーキや料理を囲み
樹里ちゃん&フォレストの誕生日のお祝い☆
Uさんの沖縄土産の泡盛をいただいたらたった2杯で結構酔ったかも?
おかげで夜の11時近くまで居座ってしまってごめんなさいっっっ(謝)。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
30鞍・ダイヤモンドダスト
梅雨明け、そして夏時間開始後初めての猛烈な暑さ(驚)。
午前10時に騎乗予約を入れていたけど
あまりの暑さに8時頃家を出る。
ところが海へ向かう車のせいか
久しぶりに京葉道路が渋滞16キロ(涙)。
結局1時間30分後の9時30分にフォレスト到着。

フォレストは空気が澄んでいるから日陰は気持ちいいけれど
一歩日向に出るとギラギラの太陽はどこも変わらず・・・
でも寒いより暑いほうが得意な私は結構元気だったりする(笑)。

DDの馬装を始めると
今まで以上に巨大なアブが多数登場(汗)。
馬体や自分の体にも虫よけをいっぱい浴びて馬場に出ることに。
すると先生から今日は各個運動(練習)との指示が出る。

先に馬場に出ているティンク&U先生、クロ&彼
そしてDD&私の計3騎。

手前と奥の馬場2面をフルに利用して
今まで教わったことを自分なりに組立ながら自由に練習。
競技会前に行われる下乗りみたいな雰囲気・・・かな?

ただしこれにはきちんとしたルールがある。
◎右手前の馬が優先的に外埒沿いを周回
◎速い馬(常歩より速歩、速歩より駈歩)が優先的に外埒沿いを周回


クロちゃんは対抗馬が苦手とのことで出来るだけ気をつけつつ
先生の見守る中、広い馬場を使っていざ出陣(笑)。

前のように頭の中が真っ白になることもなく自由にDDと馬場を回る。
普段より広く走れるせいかDDの歩様も元気いっぱいに感じる。
苦手な左手前を中心に何度か挑戦してみるも
比較的逃げられずにスムーズに変換してくれてひと安心(ほっ)。

埒沿いは普段から真っ直ぐに走らせやすいので
(それでもいつもDDの顔を左側に向けてしまうため
右側の睫毛が見えるようにと毎度如く注意を受ける私(汗))
出来るだけ奥の馬場の中央線を使い
DDを真っ直ぐに走らせる練習もしてみた。

先生に見守られ、時々指示・指導してくれる安心感。
U先生と共に馬場に出ているため
いざという時は助けてもらえる(甘甘な私(汗))という安心感。
そしてDDと一緒に広い馬場を走れる気持ち良さ。

初めての各個運動(練習)は
充実感たっぷりの楽しい騎乗でありました(嬉)。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)