1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on October 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
70鞍・ダイヤモンドダスト
午前中雨が降っていたので若干心配ながらも
早い時間に雨はやみ、お昼からは陽も射してきた(嬉)。
というわけでフォレストにGo♪

最近騎乗以上に精神面でスランプ&凹み気味なので
様々な本を読んだり、乗馬歴先輩の方に尋ねてみたり・・・
いったいどうすればこの悶々とした気持ちから抜けられるのか
試行錯誤の平日を過ごしてきた中のようやくの騎乗。

まずは最初ののんびり常歩の時にいつもと違うことを試してみる。

自分の体、DDの体をほぐすための常歩としてだけではなくて
DDに私の脚の扶助を理解してもらいたいがために
蹄跡上を左回りで常歩にてのんびりと歩きながら
手綱はぶらんとしたまま、長蹄跡の真ん中に来たところで
右の脚を少し後ろに、左の脚で少し圧迫
すると・・・
すぅ〜っと楽々、左に手前を変換してくれたDD(嬉)。
脚の扶助だけで反応してくれたDD(嬉×2)。

次は蹄跡上を常歩、停止、そして常歩発進
最初はもちろん常歩発進の反応が鈍め(涙)。
そこでいつもの私なら脚を入れて舌鼓をして、と必死なのだけれど
今日は脚と舌鼓の他に、一発ピシッと音がするくらいに長鞭をいれた。
DDの耳がぴくぴくっとなるのが分かるくらいに・・・
そしてきちんと常歩が出たらすかさず頚を叩いて誉める
それを何度か繰り返す。
段々と停止から常歩への移行がスムーズになってくるが分かる(嬉)。

うんうん、なんとなく、今までよりはいい感じ?
よしっ、そろそろ軽速歩にしよかな・・・
と始めた途端馬場に彼&クロチェット号登場(汗)。

いや・・・
今日のDDは、そして私はいつもとは違うからだいじょうぶ。
クロちゃんを気にすることなく
自分のペースで周回出来るさっ、とばかりに
先生から指示のあった右回りで軽速歩を始めるも・・・

一周もしないうちからもう、
DDはクロちゃんめがけてすたたたたっ--;。
抑えきれない自分の情けなさ、とほほ(涙)。

前回の騎乗時、無理して抑えようとすると余計にイヤイヤ状態になるので
あまり無理せずある程度譲ってみて、スムーズに動くようになってから
再度出来なかったことにチャレンジしてみるといい、と
有美先生に指導してもらえたので、無理はしないことに(汗)。

先生にクロちゃんの後ろについて良いかどうか確認したあと
そのまま、DDの成すがまま、まるで部班のように2騎で蹄跡行進。

もう・・・何も必要ありません(汗)。
クロちゃんの後ろをただただついていくDDはほんとうに元気汗
脚の扶助も、鞭も、な〜んにもしなくてもそのまま軽快な速歩です。
唯一私が気をつけたのは隅角での頚の向きのみ。
外側の拳で壁を作り、内側の拳を緩めて曲がる方に向ける。
ほんとうにただただそれだけでした(涙)。

その後馬場全体を利用して速歩にて3湾曲蛇乗りの練習。
きちんと一度蹄跡のところまで馬を出してから
再度中央に入って綺麗な図形を描くようにとの先生の指導。
これまたクロちゃんのあとをただただ追い続けるDD。
う〜ん、これでいいのかなぁ--;、いいわけないですよね汗

最後に蹄跡行進でクロちゃんが駈歩を出す前の速度ある速歩
思わずDDの手綱を握りっぱなしの私に先生曰く
手綱を赦して行かせてあげないと馬も苦しくて反抗するとのこと。
馬に優しくするということはお手入れの時だけではなくて
騎乗中馬を気持ちよく走らせることも大切だということ。

私の場合、手綱を引いてばかりでそれこそ苦しいだろうし
キチンと座れず、扶助も曖昧・・・
これではDDも嫌になっちゃうだろうなぁ(涙)。

大好きなDDのためにも、そして少しでも上手くなりたい自分のためにも
馬に優しく分かりやすい乗り方が出来るようになりたいと思う70鞍め。

次の騎乗こそは・・・と毎度のように思い続ける私なのでした汗
騎乗記録2004.6月〜9月 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/128
Trackbacks