1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
81鞍・ダイヤモンドダスト
今日は久しぶりのDD騎乗(嬉)。

前回素直なティンクでとても気持ち良い騎乗だったので
果たしてDD…久しぶりなだけにどうかなぁ〜と
内心気がかりだったのですが。

のんびり常歩で輪乗りを始めると
内方脚を軽く入れただけですんなり蹄跡まで移動(嬉)。
その後常歩のまま手前変換するも
常々悩まされている左手前も難なく克服(嬉)。

その後軽速歩、そして速歩で輪乗り。

埒の外から先生の「拳を握る!」(←気が緩むと拳も緩む私汗)

奥の馬場でグッテン騎乗の彼が悩んでいるのを感じ取ったので
手前の馬場で数周輪乗りのあと、私は奥の馬場のほうに移動。
そのまま経路を利用しながら速歩、常歩で蹄跡沿いを周回。

馬場には先日降った雨の水溜りがそこかしこに…なので
隅角ではDDに何度も避けられてしまったのがなんとも情けなく。
いつになく脚も、鞭も入れたつもりなのだけれどまだまだ、だなぁ。

ほぼフリーな状態で、DDと会話しながら汗
手前を変えつつ速歩、停止、数歩常歩、そして速歩発進を続ける中
なんとなく…なんとなく、ですが汗
DDが自分でハミをとってくるのを感じたような気がします。
ほんの少し手綱をゆるすとDDの首がすぅ〜っと落ちてきて
ほんの少し握ると一定した感覚(う〜ん、言葉にするのが難儀(涙))
で流れるように歩を進めてくれるのです。
上手く言葉に出来ないけれど…とにかく気持ち良かったのです(嬉)。

速歩で短蹄跡の真ん中から中央線に入り
Xから内方脚を入れて蹄跡まで斜横歩、もほんの少しだけ練習。
きちんと、は出来ていないと思われますが汗
前に練習した時の感覚だけでも思い出しておきたいな、と…

フリーの騎乗でも昔のように真っ白になってしまうことなく
自分の中である程度プログラムを作っていろいろ試すことが出来る。
DDと会話しながら、DDの歩様、感覚をしっかり感じ取りながら
レッスンで先生から教わったことを自分なりに取り入れながら
集中して練習出来る時間の素晴らしさ、充実した刻。

いつもながら馬に乗れる幸せを痛感しているフォレストでの騎乗ですラブ
騎乗記録2004.10月〜12月 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/178
Trackbacks