1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on September 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
3鞍・ダイヤモンドダスト
お天気も良く暖かく気持ちの良いお天気だけれど猛烈な風。
こんなにももの凄い風の中だというのに
フォレストの馬達はみんなおとなしくてすごいなぁ、と感動しつつ
3鞍めの騎乗に僅かながらどきどきしながらも
心は踊りつつ馬場に向かう。

すれ違いざま奥様が「頑張ってね」
と笑顔で声をかけてくださってこれまた感動(涙)。
この優しさがまさに癒しなのです・・・ほんとに感謝です。

今まで馬に乗る時には経験したこともないような強風なので
騎乗前はちょっぴり怖いなぁ・・・と思っていたけれど
いざDDに乗ってみたら「怖い」という気持ちが
まったくなくなっていた(驚)。
先生がマンツーマンで指導してくれるという安心感と
DDに対する信頼感が
こんなにも私の心を穏やかにさせてくれているのかなぁ:-)。

いつものように調馬索で常歩

鐙から脚を外して両手を回し

片足ずつ足を掴むという馬上体操
を繰り返す。

そして先生の「速歩」 という言葉に
前回までは心臓がどきんっとしていたのだけれど
今日はまったくどきどきすることなく
DDの速歩の動きに身を任せていられる。
速歩が「気持ち良い」とまで感じていたのです(驚)。

速歩の時、今日はとにかく自分のに集中してみた。

鐙を履いていないから脚がだらんと下にさがったままなのだけれど
前回までは速歩に対する不安感や
自分のバランスの悪さに気持ちが向いていて
どうしてもいつの間にかつま先が開いていってしまうのだ。

先生に前回言われたことを思い出しつつ
ふくらはぎでDDのお腹を包み込むように気をつけつつ

つま先も外に向かないように

踵もなるべく下げるように
・・・出来るだけ意識してみた。

そしたら自然と鞍に身体が吸い付いているような感覚になってきて
前回までのようなふらふら感もあまり感じられずに
ものすごく気持ち良くDDの背で速歩を堪能出来た(嬉)。

両手を放して速歩のDDの背で長い時間乗れたのも
ものすごく気持ち良かった(嬉×2)。

実際自分がやっている時は感じないけれど
端から見ると速歩の馬の上で足も手も放した状態で乗れるなんて
なんだかものすごいことのように思えてしまう(笑)。

そして今日はフォレストにて軽速歩も初体験。
先生の指導はとても分かり易くて、馬上にいても感激してしまう。

手綱の長さ、持ち方、腕の位置・・・などなど
こんなに細かく丁寧に教えてもらったことは今まで1度も経験がない。
そして過去に経験した軽速歩は
まったくの偽物?だったようにも思えてしまう(笑)。
それくらい今日経験した
軽速歩(速歩の状態で腰をタイミングよく浮かすこと)は
過去のどの時よりも気持ちよく走ることが出来た。
もちろんまだ腕に力が入っているのは自分でも気づいていたけれど(汗)。
あくまでも精神的には・・・うん、とても気持ち良かったのです(嬉)。

今日の騎乗もあっという間&やっぱり汗だく。

騎乗後クラブハウスでサイドサドルのビデオを見ながら
先生や会員の皆さんと楽しくお昼を過ごし
午後の騎乗を見学したり、会員の方達とお話したり、写真を撮ったり・・・
いつもながらの安らぐ楽しい癒しの時間を過ごして帰ってきた私達。

帰り道ずぅ〜っと行きたかった「ザ・サラブレッド」というレストランで
美味しいスパゲッティを食べたことも楽しかったことのひとつ(笑)。

次の騎乗は来週末(土日・火と乗りまくりです(笑))。
今からとっても待ち遠しいなぁ・・・
お天気崩れることのありませぬように(願)。
騎乗記録2003.1〜4月 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/19
Trackbacks
馬に乗っているとき、足のどの部分にどうやって 力を入れたらいいのか、いまいちわからなかった。 (わからなかったというか、帰ってから “そういえば足はどんなふうに?”と思った。 なので、次回聞こうと思っていた) 常足(なみあし)ならまだいいんだけど、 軽足歩
| 【Asymmetry】フリーランスライターの日常 | 2004/05/21 7:54 PM