1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on October 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
20鞍・ダイヤモンドダスト
フォレスト騎乗20鞍めにして
調馬索による駈歩初体験(嬉)。

彼はかなり前に調馬索による駈歩を経験していて
すごく気持ちいいよ〜
という感想を何度も聞いていたのだけれど
まだまだ私はそんなレベルではなく(汗)
常歩と速歩がもっときちんと出来るようにならなくちゃ・・・
と思っていた矢先の駈歩初体験だっただけに感動もひとしお。

先生の合図でどんどん速歩が速くなっていくDD。
今まで経験したこともないような超高速な速歩にびっくりしつつ
サドルホルダーをしっか、と掴みながら
心の中ではジェットコースターみたいだぁ〜
なんてわくわくだったりして♪
(閉所はダメだけど高所やスピードは大好きな自分故(笑))

先生の指示通り、脚で何度か駈歩の合図を出したのだけれど
なかなか駈歩にならないなぁ・・・と思っていたら突然
身体がふわ〜っと浮いて
突然速度がゆっくりになったような錯覚に陥る。

これが、駈歩、なんですね(感動)。
ほんとうにほんとうに気持ちいいです、うん。

いつかはこんなふうに気持ちのいい駈歩が
自分で出せるようになるのかな?
今はまだ到底想像すら出来ないことだけれど
数ヶ月前の自分は馬に乗ることに憧れはあれど
まさか乗るなんてことを現実的には考えられなかったこと。
それが今ではこんなにも気持ちよく
馬の背に乗ることが出来ている。
う〜ん、すごいです・・・ほんとうに。

真夏を思わせるほどの暑さの中の騎乗はいつもの如く感動で終了。

今日はフォレストにて記念すべき20鞍め。
今まで学んできたことをあれこれ思い返してみる。

●調馬索によるバランスレッスン
●騎座を安定させる
●姿勢を真っ直ぐに、腰・胸を張る、肩の力は抜く
●拳の安定
●脚の位置、踵を下ろす、鐙の踏み方(後ろに踏みしめるように)
●脹脛で馬の動きを常に感じる
●埒のない部分は外方脚で壁を作るように
●馬の頭を真っ直ぐに向ける
(馬の鬣が自分と真っ直ぐになるように)
●軽速歩で手前を合わせる
(馬の外方の肩が上がった時腰を浮かせる)
●左手前、右手前での方向変換時拳・脚・騎座に注意
etc、etc...そして
●軽上レッスン・・・姿勢、鞍付き、上半身の力を抜く加減

他にもまだまだたくさん指導してもらっているけれど
今すっと頭に浮かぶのは
こんなにもたくさんの乗馬・馬場馬術をする上での
基本中の基本

とても充実度高き20鞍の内容だと感慨深き私なのでした。

騎乗記録2003.6月 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
はじめまして☆
わたし今日、記念すべき20鞍でした。ちょくちょくお邪魔させてもらうかもしれません。
よろしくお願いします^^
Posted by ゆきんこ | 2008/10/18 9:48 PM

はじめまして^^
遊びに来てくれて

コメントありがとうです(嬉)。

20鞍めというと
少しずついろんなことが出来てきて
わくわくドキドキ楽しいところかなぁ♪
1鞍1鞍が学びの連続ですよね。

私も1年7ヶ月休んでからの復帰(汗)。
ゆきんこさんと同じく20鞍めの心境で
毎回学び、且つ楽しく乗っています。

昨日も乗って来たので
また週明けにゆっくりUpしますね。
こちらこそよろしくお願いします^^。
Posted by 尚 | 2008/10/19 6:09 AM

Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/38
Trackbacks