1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on April 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
25鞍・クライマックス
もしかして先週末とまったく同じような陽気?
土曜日は真夏日の如く蒸し暑く
日曜日は20度前後の冷え込み(驚)。
なので夏時間だと午後5時騎乗の予定だったけれど
電話にて確認後普通通りにお昼過ぎにはフォレストに向かう。

今日の騎乗はまたまたクライマックス
昨日同様調馬索かと思いきや、先生の手に調馬索がなく・・・まさか?
そのまさかの、いつもの
普通の騎乗となりかなり心臓バクバク(汗)。

常歩でのんびり輪乗りを始めるも
ぐいぐいずんずん進むマック。
苦手な左手前で変換してみるも
ほんの少しの扶助でスムーズに手前を変える。

速歩では私の扶助が上手く伝わらずに(汗)
なかなか出なかったけれど
一度出てしまうとその一歩めからして
ターボがかかったように速い速歩(驚)。
何度も自ら軽速歩にしてしまうほどに
パワフルでスピード感があり
でもマックの安定感に怖さはまったくなく
寧ろ気持ち良すぎるという感じ。

あとで録ってもらった動画を見てみたら
拳が思いっきり前に流れていて
それだけマックの頚の強さに負けちゃってるんだなぁ・・・
と情けなくなるも
マックの歩様がものすごく綺麗なのには
びっくり&感動してしまった。

たとえ初心者の私が乗っても
マック自らがこんなにも綺麗に走るほどに
先生によって素晴らしい馬に調教されているからこそ
そして上手い会員さん達の扶助と同化してこそ
競技会であんなにも好成績を残すことが出来るのでしょう・・・
としみじみ。

マック騎乗時先生からたくさんの指示、指導を受けていて
その中で一番心にずきんときたのは
「偉そうに乗る」ということ。

それはもちろん姿勢のことを言われたのだと
その時は受け止めたのだけれど
その実私の内面性、メンタル面にも
ものすごく関係しているように思える。

どうにもDDに騎乗時以上に申し訳ない?思いで乗ってしまっている(汗)。
役不足な自分がこんなにも素晴らしい馬に乗ってしまっていいの?
昨日からそんな思いが心の中を支配していた。
でもいざ騎乗してしまうとその乗り心地の良さにただただ感動で
自分の騎乗内容に集中するよりも
マックの素晴らしさに惚れまくってしまっていたのだけれど(笑)。

ただ自分の問題点を克服するためには
DDに騎乗している時のように
脚や鞭を使わないと速い速歩が出なかったり
左手前で逃げられてしまうという難題があったり

自分でなんとかしないと・・・と思い悩むような馬に騎乗したほうが
技術的には向上していくのかな、と思ったりもする。
馬に乗せてもらっているのではなくて、馬に乗らなくてはとも思う。

今回マックに騎乗出来たおかげで
素晴らしい歩様がどんなものか体感出来たし
そのおかげで今度DDに乗れた時には
出来るだけ似たような感覚が得られるよう
今まで以上に騎乗に専念出来るような気がする。
だからDDが早く治るといいなぁ。
そしていつの日か自信を持ってまたマックに乗れる時が来るといいなぁ。
というわけで・・・
精神的にも肉体的にもとてつもなく実り多き25鞍めなのでありました。
騎乗記録2003.7月 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/44
Trackbacks