1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on July 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
36鞍・ダイヤモンドダスト
今日は朝7時からの騎乗予定なので
いちおう5時30分に目覚ましをセットしたけれど
朝4時にスタートする末續選手の200M決勝が気になって仕方なく
結局自然と3時50分に目が覚めてしまいました(笑)。

まだ外は真っ暗な早朝から
末續選手の銅メダル獲得にめちゃくちゃ感動しつつも
曇り空のせいだけではなく
夏の終わりを感じさせるような涼しさの中
少しずつ明けてきた空の下一路フォレストへ・・・

馬場に出てまずはいつもののんびり常歩。
今日は常歩の時に鐙を脱いで、足を真下に下ろしてみた。
すると股関節がミリミリっとして若干痛い・・・
やっぱり普段脚がきちんと下がっていないことを
痛感してしまう(反省)。

再び鐙を履いてから軽速歩、速歩を始めると
苦手ではないはずの右手前で
何故か内側にどんどんささろうとしてしまうDD。
何度まわってもどうしても小さい円になってしまう(涙)。
内側の脚を強めに入れて外側をまわるようになんとかしたけれど
少し脚を緩めるとすぐにまた内側にささろうとしてしまう(涙×2)。
どうしたものかなぁ・・・と悩んでいたところで
奥の馬場に移動との先生の指示に実は内心ほっとする自分。
↑ほんとうはこれで安心してはいけないのですよね・・・(再び反省)。

速歩にて経路を使って手前変換の猛特訓。
F点-H点、M点-K点にてきちんと手前を変えられるように
隅角まで丁寧にきっちり進むことを先生に指導され
何度も繰り返し練習をする(なかなかきっちり進むことが出来ず(汗))。
そして次は同じく速歩にてE点、B点できちんと曲がれるように
数歩手前でDDを曲がる方向に扶助することを繰り返し何度も練習。
途中速度が遅くなるたびに鞭を入れるように指導されるも
自分では入れているつもりだったというのに
実は鞭が入っていなかったらしいことを
騎乗後彼から指摘されてしまった(汗)。

いつもながらの汗々な騎乗だったけれど
経路を使っての練習は目にする目標(経点)が定まっているため
自分的にはとても騎乗しやすいような気がする。
自分のそんな気持ちがDDにも伝わっているのか・・・は謎だけれど
手前の馬場の時よりも奥の馬場での練習のほうが
DDの動きや歩樣も良いように思えるのは強ち勘違いではないような?

一鞍一鞍注意点・反省点がどんどんと見つかり(笑)
その反省点を克服するべく出来るだけ丁寧に騎乗を重ねるたびに
DDとの一体感も増しているように思えて幸せな気持ちになれる
そんな36鞍めなのでありました:-)。
騎乗記録2003.8月 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/55
Trackbacks