1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 on November 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
45鞍・クライマックス
前日から雨の予報で乗れるかどうか不安に思いつつも
珍しく遅刻してしまい午後2時30分フォレストに到着。

DDが洗い場にいたのですくに騎乗なのかな、と思いきや
今日はマックに騎乗とのことでびっくり(驚)。

前にDDの足の調子が悪かった時2度ほど乗せてもらい
そのふわふわ感にただただ感動のみ残る騎乗だったので
今回こそはしっかり騎乗したいと思いながらも
実は恐れ多くてどきどき(笑)。

U先生の丁寧な下乗りの様子を
真剣にじっくり見学してからマックに跨る。
馬体の幅が慣れ親しんだDDの幅よりう〜んと広いので
股関節が思いきり広がり
身体の固い私には少し痛い←次の日筋肉痛(笑)。

常歩からすでに元気いっぱいで
歩幅も大きいため悠然といった感覚。
軽速歩を始めるも
これまたDDのリズムに慣れてしまっている私にとっては
どうにもリズムが掴みにくくて
すぐ手綱を引いてしまい常歩になってしまふ(汗)。

こんなふうに私がマックに乗って苦労したのは
ただただ手綱や脚、姿勢、騎座といった
自分自身の基本的な問題点のみで・・・

速歩の指示もDDの時のように苦戦せずともす〜っと出るし
(あまりの豪快さに私が付いていけずに
手綱を引いてしまいすぐ常歩に(涙))
隅角も指示を出すまで真っ直ぐ走る従順なマックゆえに
タイミングさえ合わせることが出来れば
きちんと丁寧にまわってくれるし
左手前、右手前もほんの少しの指示で素直に動くし
唯一停止は私の騎座の弱さ故
なかなか止まってもらえなかったのだけれど(汗)。

とても乗り心地は気持ちよく、素直なマックに感動したと共に
あらためて自分のダメ駄目さを痛感した45鞍め。

こうしていつもと違う馬に騎乗する機会があると
それまでこれで良しと思っていた部分が
通用しないことに気づいたり
それまで苦労していた部分が意外とすんなり出来たりと
新たな気づきを得られるという点では
ものすごく貴重な経験だったと思います:-)。
騎乗記録2003.11月 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/73
Trackbacks