1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 on February 2018
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
41鞍・クロチェット
まだまだ慣れない新居のキッチンにて前日の夜
スライサーを使って人参をスライスしていたら
右手の親指の先をサクッとスライス(涙)。
びっくりするわ、痛いわ、血は溢れるわ・・・
そんな中咄嗟に思ったのが「明日手綱握れるかなぁ(汗)」。

と、ズキズキ疼く親指を庇いながら2度めのクロちゃん騎乗。

常歩、軽速歩ではスイスイと気持ちよく
過度に反抗されることもなく適度に手前を変えつつ馬場を周回。
素直なクロに感激しながら、時々親指に走る激痛を堪えながら
何度か速歩をしてみるもなんだかとっても跳ね上がる(汗)。

ちょっと気を緩めて油断したら
どっかに飛んでっちゃいそうだなぁ・・・
などと思っていると
突然右側後方でガサガサッと風に揺らぐ草の音?
と、途端にクロの馬体がふんわりと内側に移動
突然の出来事に私は
右脚の鐙が脱げ、左脚の鐙のみでその場に残り
当然の如く落馬・・・かと思いきや?
スタッと体操選手のように(笑)下馬しました、ははっ(汗)。

ちなみにクロはその場にて静かに動くことなく
きょとんという顔をして平然と立っていたから笑えます(笑)。
私自身もなんとか落ちずに(降りずに)
持ち堪えたいと必死だったけど
気持ち的には全然冷静だったわりに
体がついていかなくてがっくり。
でもまた同じシーンに遭遇したらその時こそは・・・
などと不可思議な自信がついた下馬経験でありました:-)。

その後駆け寄って来てくださった
U先生(感謝)に補助してもらって
台を使わずに再度騎乗出来たのも
新たな自信のひとつ(嬉)。
奥の馬場に移動後は常歩にて輪乗り
そして輪乗りでの変換
新たな難題に挑戦出来たのも喜びのひとつ(嬉)。

クロはほんとにひとつひとつの動作に関して
ものすごく一生懸命で・・・
その一生懸命さが乗っていてひしひしと感じられるから
私もクロに恥ずかしくないくらい
一生懸命乗りたい、乗らなくちゃ
そう思わせてくれる馬だったりします。

今日は親指の痛さに翻弄されつつの騎乗だったけれど
体調万全な時にまた、他のことに気をとられることなく
集中して乗れる機会があればいいな、
と感じた実り多き41鞍め☆

落ち着かない新居・・・
そしてめちゃくちゃ落ち着くフォレスト(笑)。
疲れも、風邪気味も、指の痛さも忘れて
飲み食べ語る夜の楽しさ。
フォレストがあるから、今を乗り越えられている。
大袈裟ではなくそう感じる日々を
過ごしている私なのでありました:-)。
騎乗記録2003.9月 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://riding.jugem.cc/trackback/83
Trackbacks